世界と子育て事情が大きく違う!「子どもとの暮らしを楽しめない国」日本でママができる一歩とは?

shutterstock_394424134
source:http://www.shutterstock.com/

現在筆者が住んでいるシンガポールでは、共働きが当たり前です。育児休暇も当然パパの休暇である“パタニティ・リーブ”なるものがありますが、最近この“パタニティ・リーブ”が一週間延長されると発表されました。

パパの育児参加は当たり前のことであり、それに加えてシンガポールでは一般的なメイドも育児をサポートしてくれます。

今回は子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、シンガポールと日本のパパの育児休暇事情をもとに、日本の子育て環境とママができることについてお伝えします。

 

■ 日本のパパの育休取得率はたったの「2.30%」!?

shutterstock_108189845
source:http://www.shutterstock.com/

厚生労働省「平成 26 年度雇用均等基本調査」によると、育児休暇を取得、もしくは取得の申出をした男性は、前回調査よりわずかながら上昇しているそうです。しかしその取得率は2.30%。対して女性の取得率は86.6%。その差は歴然としており、明らかに“取りにくい空気”が影響していると推測出来ます。

実際筆者の周辺でこんな声を聞いたことがあります。「出世に響くから、取れるわけがない」「周りで取る人がいないから、自分だけ取るわけにはいかない」など。ここ最近、イクメンという言葉が浸透し、以前に比べて父親の育児参加が目立ってきているように思いますが、現実は本格的な育児への参加はまだまだ難しいようです。

 

■ 「ママが稼ぎ頭」!?シンガポールの子育て事情

●出世はママが先

実はシンガポールでは、“ママが稼ぎ頭”という家庭が多いのです。理由は、男性のみに課される兵役にあります。卒業後の2年~2年半男性が徴兵されることでキャリアに差が出て、女性が先に出世するのはとても一般的なのです。

女性は3歩下がらないで、前を歩くお国柄

シンガポールの女性は男性よりも格が上、立場が上という自覚があるのかないのか分かりませんが、日本と比べると、明らかに気が強い印象です。分かりやすい例として挙げられるのが、姑との苦労話。姑が夫婦用マスターベッドルームを占拠、自分専用のメイドを要求するなど、挙げるときりがないほどです。

●両親プラス、舅姑、メイドまで育児に参加

shutterstock_324624164
source:http://www.shutterstock.com/

共働きが当たり前のシンガポールでは、国がメイド雇用を促進する制度を整えています。ですから母親と父親のみに育児の負担が集中すると言う事がありません。夕方塾のお迎えは、祖父母世代が三々五々集ってくるのはよく見る光景です。

このような状況で、父親が育児に参加しないという方が不自然だということがお分かりになると思います。

 

LINEで送る