幼児期からの準備で差がつく!小学3・4年で始まる「外国語活動」の中身とは?

shutterstock_424091608
source:http://www.shutterstock.com/

2018年を目途に、これまで小学5・6年生からだった外国語活動が小学3・4年生からに前倒しされ、5・6年生からは、正式教科として週3コマ程度の学習が予定されています。

幼児期からこれらの英語教育に向けた準備が必要になってきます。

今日は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、小学校で本格的に始まる英語教育についてお話します。

 

■政府発表:今後の小学校英語改革でTOEFLも採用!?

文部科学省の英語教育に関する改革案では、“英語によるコミュニケーション能力を育成する”ことに重点を置いています。

政府案では「受験英語中心の授業になっていたことによって、長く勉強してもほとんど即戦力として英会話や積極的なコミュニケーションとして活用することができない。これまでの読み書き中心の英語教育からの脱却を目指す」としています。

また、「生徒の英語力を外部検定試験などを活用し検証していくとともに、大学入試においても、“聞く・話す・読む・書く”の4技能を測定可能なTOEFL等の試験の活用していく」と、これまでの英語教育の反省点を踏まえた内容になっています。

政府案では、最終的には高校での英語の授業は英語で行うことを目指していますが、私立の学校などでは中学での英語の授業も英語で行おうという動きもあります。

 

LINEで送る