負けん気は弱さの裏返し?「本当に勇気ある子」は弱さも欠点も受け入れる

source:http://www.shutterstock.com/

子どもは自分の作品のような気がします。“素晴らしいお子さんですね”、“いい子に育っていますね”の評価を受けたくて、ついこんなことを言っていませんか。

優勝したとき「一番になって偉いね」、負けたとき「今度は一等賞になれるように頑張ろうね」

……でも、こんな風に言われ続けて育つと、“弱い子”になってしまうこともあるんですよ。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“弱さも欠点も受け入れる「本当に勇気ある子」”についてお話します。

 

■勝ち負けに異常にこだわる子ども「負けん気」が弱さの裏返しに?

家でトランプやカードゲームをしました。そんな時、負けてしまうと手に持っていたカードを床にぶちまけて、怒り狂う子どもがいます。

運動会の駆けっこで、前の子どもとの距離が相当開いてしまい負けそうになった子。最後のふんばりをみせず、途中からサジを投げて、ゆっくりと歩き始める子どもがいます。

「負けん気が強い、勝気である」と言えば聞こえが良いのですが、別の側面からは「自分が負けることを受け入れられない、精神的にタフでない弱い子」とも言えます。

このタイプの子どもの中には、家では王様扱いされているケースがあります。

一番にならないと気が済まないで大暴れするので、ついつい子どもの思い通りになるように、周りが合わせているような家庭で育っている子の場合です。

 

■「問題行動」に走る子

勉強面も運動面も、今一つパッとしない子。

そんな子に対して、無視したり、「他の子と比べて出来ていないことが多過ぎるから」となんの評価もしないで育てると、どうなるでしょう。

知力、体力でどんなに頑張っても目立たない、優秀な子に追いつかないとわかると、作戦変更して友達に意地悪したり、わざと大人を困らせる“問題行動”を起こす子がいます。

“悪い行為”とわかっていても、何とか自分に気を引きたくて、必死にアピールしているのです。

失敗を認めない子育て、よい行動や成功したときしか認めない子育てをしている結果です。

 

LINEで送る