新米ママのゴマキもデビュー!子どもの「公園デビュー」を楽しくする5つの心構え

■公園デビューは怖いものなの?

ママ同士の派閥やいじめなどのイメージと共に語られる事の多い言葉ですが、多分に一人歩きしすぎと筆者は感じています。

公園デビューはそんなに怖いものではありません。気軽に楽しく公園を楽しむために、以下の事を気をつけてみてください。

 

■子どもの「公園デビュー」を楽しくする5つの心構え

source:http://www.shutterstock.com/

(1)「子ども中心」で楽しむ!

子どもは面白そうなもの、楽しそうなものへまっすぐ向かいます。そんなこども達の目は、とても真剣。

邪魔するのがはばかられるほど、良い顔をしているものです。そんな子どもの表情を見逃す手はありません。

遊具で遊ぶ子どもの身体能力の成長度合いや、好みの移り変わりなど、観察しているといろんなことが分かって楽しいですよ!

 

(2)ママ同士は「あくまで世間話」を

子ども同士が関わったときに、相手のママと世間話する程度にとどめておきましょう。

相手の子どもの年齢や、好きな食べ物、児童館情報など、当たり障り無いとは言え、小さな子の親であったら“助かる情報交換”のネタはきっと尽きないと思います。

 

(3)時間帯は朝早い時間に

夕方頃は小学生が来るので、公園は小さな子にとって、少し危ない場所になります。

大きい子の遊び方は動きが早く、ボールのやりとりも中々に激しいものです。

小さな子だったら、午前中の早い時間に行くのをオススメします。

 

(4)気を遣うママは「道具も多め」に持って

子どもは、人のものと言う概念がありませんから、目の前のものに手を伸ばすことに、他意も悪意もありません。

貸すのはいいけど、借りるのは気が引けるというママは、ご自分が多目に持っていくといいですね。

そうすれば、誰かが使っても「どうぞ」と気分よく貸してあげられると思います。

 

(5)色んな公園を楽しもう!

一つだけの公園にこだわらず、色々な公園を楽しんでみましょう!

子どもにも好みがあるものです。

 

いかがでしたか。

筆者が若い母親だった頃、やはり砂場の道具の取り合いにはヒヤヒヤしたものです。

しかし今では、「子どものケンカは成長の種!」と見守れるようになりました。公園での楽しい思い出が増えるといいですね!

 

【画像】

※ Subbotina Anna / Tyler Olson – Shutterstock

【著者略歴】

mica・・・夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住の子育てアドバイザー。暮らしニスタ、コラムラテ、阪急電鉄ブログでもコラムを執筆中。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

【関連記事】

※ 正直やっぱり痛いのNG!「無痛分娩」を選ぶ時に最低限おさえたい3つのコト

※ そこは撮っちゃダメ~!立ち合い出産の「ビデオ撮影」でパパがやってはいけないNG行動とは?

※ いつまでも完全母乳は問題なの? 赤ちゃんの「脳の発達」と離乳食との関係性

※ 出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」

※ おっぱいの栄養分もUP!産後にママが食べると「母乳が出やすくなる」食べ物4つ

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 山田優に長谷川潤も!産後美スレンダーママの秘密は「最先端○○」だった?

※ 先輩ママおすすめ!抜け毛や白髪など「産後の髪トラブル」の解消法とは?

※ 上質なデザインと品質!先輩ママおすすめの「ハイセンスなベビー用品」のヒミツ

※ アルバムはもう古い!?フォトカレンダーで残すオシャレな成長記録♪

歯磨きヤダヤダに救世主!0歳から使える「光る電動歯ブラシ」がマストアイテム!?

シースターバナー

【姉妹サイト】

※ 夏までに痩せたい!今スグできる「ウエスト&太ももシェイプ」のヨガポーズ

※ アナタはいくつ出来てる?溺愛される妻たちが「しない」4つのコト

LINEで送る