プールや海の後は注意!夏に気をつけたい「外耳道炎」意外と身近な注意事項6つ

source:http://www.shutterstock.com/

だんだんと気温が上がり、夏を迎えようとしているこれからの季節、お子様がプールや海へ行く機会も多くなってくるかと思われます。

その後に、耳掃除をしてあげたときにこの外耳道を傷つけてしまうことによって細菌感染してしまい、“外耳道炎”を引き起こしてしまうケースが多く見受けられます。

そこで今回は、医学博士の筆者が“夏に気をつけたい「外耳道炎」と注意点”についてお話します。

川上先生

 

■イヤなニオイがしたら要注意…。そもそも外耳道炎とは?

耳は大きく分けて外耳、中耳、内耳に分けられます。

その中でも外耳はいわゆる“耳”と呼ばれる部分と、耳かきをする場所である“外耳道”と言います。

この部位で、細菌が繁殖してしまうようなものを“外耳道炎”と言います。

外耳道炎を起こすと、イヤなニオイのする耳漏(じろう)や難聴が生じてしまうことがあるので、誤った対応をしないことや、外耳道炎になった際に早急な対応が必要です。

 

■プールや海の後は要注意!外耳道炎の原因例

外耳道炎が起こる原因にはいくつかありますが、下記に例を示していきます。

・耳かきによって外耳道を傷つけてしまう。

・耳が痒いからと言って、爪で耳を掻いてしまうことで傷がついてしまう。

・プールや海の水が入ってそのまま放置してしまう。

・金属アレルギーによるもの。

・細菌感染によるもの。

 

LINEで送る