ワーママの味方「パン朝食」は太りやすい…!? そんなことない「ダイエットに効く食べ合わせ」のコツ3選

source:http://www.shutterstock.com/

手軽にエネルギーチャージができる“パン”は、ワーママの救世主ともいえる朝食メニュー。朝ごはんはパンで済ませるという方も多いことでしょう。 

パルシステム生活協同組合連合会が、週に1日以上朝食を食べる15歳~59歳の男女1,000人を対象に行った「朝食に関する調査2014」によると、朝食によく食べるものとして“パン”を上げた人は半数に迫る勢い(45.0%)。

「忙しい朝の食事に向いていると思うもの」を答えてもらった結果、“パン”(69.6%)が 1 位でした。

 一方で、「パン派は太りやすい」とも言われますよね。いつまでもスリムで美しくいたい女性にとっては、重大な問題ですよね。

でも、大丈夫。太りやすいパンも、工夫次第でダイエットに役立てることができるんです!

 

■カロリーオーバーを招きやすい!? パンが「ダイエットに不向き」なワケ

パンの原料は“小麦粉”。小麦は挽いて精製する過程で、代謝を高めるビタミン・ミネラル類が取り除かれます。

摂取できる栄養素が糖質に偏るため、消化・吸収スピードが早く、空腹を感じやすくなります。また、代謝を高める栄養素が不足するため、エネルギー代謝が下がり、太りやすい体質になってしまうのです。

また、パンにはバターや砂糖が多く使用さるため、ごはんよりも高カロリーになりがち。知らず知らずのうちに、カロリーオーバーを招いてしまいます。

 

■工夫次第で「パンをダイエットに活用」できる!

パンの“太りやすさ”を解消するには、“乳製品”や“食物繊維の多い食品”を合わせるのがオススメ。

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品に含まれる糖類“乳糖”や、野菜や果物に豊富な“食物繊維”はゆっくりと分解されるため、腹持ちをよくする効果が期待できます。

また、不足しがちなビタミン・ミネラルを補うことができ、代謝を高める効果も期待できます。

 

LINEで送る