気づいたときには皮膚がんに…!? ママが絶対知っておきたい「紫外線アレルギー」対策と注意点

source:http://www.shutterstock.com/

気温が高まり、海に川に公園に、何かとおでかけの増えるこれからの季節。ワクワクして楽しみで仕方ないファミリーもきっと多いことでしょう。

その一方気になるのは、やはり“紫外線”。特に、美容が気になるママ以上に、敏感なわが子の肌をケアしたいと心配されていることと思います。

特に近年では“紫外線アレルギー”が話題になることも多く、ママはやはり気になって仕方ないはず。

そこで今回は、医学博士の筆者が“紫外線アレルギーの注意事項とUVケア”についてお話します。

川上先生

 

■そもそも紫外線アレルギーとは?

まず、太陽光は大きく分けて3種類あります。

・暖かさを感じる“赤外線”

・色を見分けることが出来る“可視光線”

・特に何も感じることが出来ない“紫外線”

この紫外線は、一般的にUV(Ultra Violet)とも呼ばれます。UVが原因で起こるアレルギーを“紫外線アレルギー”と言い、紫外線アレルギーは、別名で“日光アレルギー”や“日光過敏症”、“日光皮膚炎”とも表現されます。

 

■1日15分は日光に当たったほうが良い!でも必要以上の日光浴は「皮膚がんリスク」

人によって異なりますが、食物アレルギーと同じで、食べ物によってアレルギーが起こる人と起こらない人がいるように、紫外線に対する耐性や反応によって、紫外線アレルギーが起こりやすい人、起こりにくい人がいます。

紫外線は、生体にとって骨を丈夫にしてくれる“ビタミンD”を合成するのに必要なもので、1日15分程度の日光浴が良いとされています。

しかし、必要以上に紫外線を浴びてしまうと、皮膚に対してのダメージや最悪の場合“皮膚がん”の可能性も出てきます。

 

■紫外線量は5~7月が最も強い!? 注意したい「紫外線アレルギー」の症状

“紫外線アレルギー”の主な症状としては、皮膚症状として日光が当たった部分に発赤や発疹、腫れやかぶれなどが出るほか、全身症状として頭痛やめまい、吐き気などの症状を引き起こします。

顕著に表れるのがやはり皮膚症状なので、赤ちゃんやお子さんを見て頂いた時に、身体の一部に不自然な赤みや腫れなどが出てきてしまっていたら“紫外線アレルギー”の可能性も否定できません。

まだ夏本番ではないから、紫外線の量も少ないと考えてしまいがちですが、実は5~7月が1年を通して紫外線が強い時期と言われています。

 

LINEで送る