ズボンだと内診で下半身丸出し!? 「1ヵ月検診」でママが準備すべき4つのこと

■ママが知っておきたい「1ヵ月検診」でママが準備すべき4つのこと

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

(1)「赤ちゃんの体調」のメモをとっておく

お世話している中で、赤ちゃんの体調で気になったことや、不安なことを検診の時に聞こうと思っていても、時間が経てば忘れてしまいます。

ちょっとしたことでもメモしておくと、先生や助産師さんとお話しする時に忘れずに聞くことができます。

家に帰って、「そういえば聞いとけばよかった」と後悔のないようにしたいものですね。

 

(2)赤ちゃん連れの外出はまだ慣れない時期。当日の「交通手段」を調べておく

赤ちゃんを連れての慣れない外出は意外と大変で、電車やバスに乗る場合には行きかたはもちろん、どこにオムツ台があるのかも、把握しているといざという時に助かります。

検診自体はそんなに大変なものではないのですが、もし家族が一緒に行ってくれると心強いので、家族の予定を確認しておくのも良いかもしれません。

 

(3)前日に持ち物はチェックしておく

検診当日は、赤ちゃんのお世話も相まってバタバタしてしまう事もあります。なので、前日までには持ち物の確認をしておきましょう。

保険証や受給者証、母子手帳や問診票など最低限検診に必要なもので、忘れ物があったら大変です。

今の時期、移動中の電車やバス、車、そして病院内は冷房が効いているかもしれませんので、薄手のおくるみや羽織があると冷房対策になります。

 

(4)内診で下半身丸出し!? 服装はズボンでなく「スカートやワンピース」がオススメ

当日は体重や血圧の測定などに加え、子宮が順調に回復しているか確認するための内診もあるのですが、筆者は検診でズボンで行ってしまい、“下半身丸出し”の状態で内診を受けるという、ちょっぴり恥ずかしい思いをしました。

服装はスカートやワンピースなど着ていくのをオススメします!

 

■1ヵ月検診は「ママの為のもの」でもある

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

ママは、赤ちゃんに一生懸命になりすぎると自分の事は後回しにしてしまいがちですが、1ヵ月検診はママの為の検診でもあることを忘れてはいけません。

ママ自身の不安などがあった場合には、赤ちゃんの体調と同様にメモしておきましょう。

 

この1ヵ月検診が終わると、次第に赤ちゃんと一緒にお出かけができるようになります。

ぜひ、当日慌てないためにも準備を忘れずに、赤ちゃんとの初めてのお出かけを楽しめると良いですね!

 

【画像】

※ Multi-Share / Shutterstock

【筆者略歴】
青木かおり・・・2歳になったばかりの女の子と、7歳の男の子のママ。家族がHAPPYを感じられるように、まずは自分がHAPPYに過ごす事を意識しています! 体を創る「食」の事や、心を育む「体験する・感じる」事など幅広く興味を持ち、子育てに臨んでいる。子育てをしていく中で、キャンプ、ハイキング、釣り、川や海遊び、自然教室、家庭菜園など自然の中で子供と一緒になって遊ぶ事が大好きに。現在育児真っ最中、リアルな子育て状況をお伝えしています!

【関連記事】

※ 3分待って!「へその緒」を切るタイミングで赤ちゃんの健康が決定

※ 正直やっぱり痛いのNG!「無痛分娩」を選ぶ時に最低限おさえたい3つのコト

※ 最高の出産になるかはコレで決定!4つのシーン別「後悔しないバースプラン」の立て方とは

※ 生後1年間の日光浴がポイント!? 「体脂肪が少なく筋肉量の多い子」に育てる秘訣って?

※ 「無痛分娩と自然分娩」両方経験したママが教える、自分に合った最適な出産スタイルの選び方

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 月齢1ヶ月を迎える新米ママ必見!先輩ママおすすめの「ハイセンスなベビー用品」のヒミツ

※ 瞬く間に成長する子どもだから…。「フォトカレンダー」で残すオシャレな成長記録♪

※ 山田優に長谷川潤も!産後美スレンダーママの秘密は「最先端○○」だった?

※ 産後はどうしても髪の悩みが絶えない…。抜け毛や白髪など「産後の髪トラブル」の解消法とは?

歯磨きヤダヤダに救世主!0歳から使える「光る電動歯ブラシ」がマストアイテム!?

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 趣味は妻!? 夫が「溺愛してしまう」オンナの共通点4つ

LINEで送る