妊婦はクスリのんだらダメ!? 「妊娠中服薬」がもたらす胎児影響と注意点

source:http://www.shutterstock.com/

妊娠中は新しい命をお腹の中で育てるわけですから、妊娠していないときと比べて、体の中の環境は大きく変わります。

これまで“当たり前”であった生活が変わるため、それに伴って体が環境についていくことが出来ずに、何かしらの疾患にかかってしまう可能性もあります。

では妊娠中に何かしらの疾患にかかってしまった時に、その苦痛を和らげるためにお薬の使用をしたいという方も少なくありません。しかし、胎児のことを考えると「できる限りお薬を使いたくない」というのが本音です。

今回は、“妊娠中の医薬品の服用と胎児への影響”についてお話します。

川上先生

 

■医薬品の役割

日常生活に欠かせないお薬ですが、そもそも薬とはどのようなものを言うのでしょうか?

お薬、つまり医薬品とは、簡単に言うと「疾患による苦痛を和らげるための化学物質等(漢方薬など一部生薬もあります)」のことです。

医薬品を飲むと胃や腸肝で吸収されて、その後血液に乗って全身に行き渡ります。

身体の外から化学物質を取り入れることで生体に影響をさせ、疾患の治癒に用いられ、その疾患の治癒を目的とした“主作用”とそれ以外の反応である“副作用”とがあります。

 

■絶対に使わないで!医薬品の「禁忌」にご注意

ここでやはり気になるのが“胎盤の通過”です。医薬品は、前述したように基本的には化学物質です。まだまだ発達段階である胎児に対して「胎盤を通過して化学物質が入ってくる」ことによって何かしらの影響を及ぼしてしまう可能性も、十分に考えられます。

ですから、風邪を引いてしまって辛いという状況があった場合には、自己判断で薬局で市販の風邪薬を服用するのではなく、必ずお医者さんに相談するようにして下さい。

「お医者さんが処方してくれる医薬品」のことを“処方薬”と言います。処方薬には、必ず添付文書と言ってそのお薬の説明書があります。その中に“禁忌:きんき”という項目があります。

これは「絶対に使用してはならない状況」のことを指します。

その中に“妊婦または妊娠している可能性のある婦人”と書いてある場合には。胎児に何かしらの影響を及ぼしてしまう可能性があるものと考えられるので、絶対に服薬してはいけません。

 

LINEで送る