親はどう受け止める?イマドキの憧れ職業「ユーチューバー」に潜むリスク

source:http://www.shutterstock.com/

今年のはじめに話題になった、アジアの子どもを対象とした「将来就きたい仕事」に関する調査では、日本の子どもたちのなりたい職業ランキングで1位が会社員”という結果に。当時「リアルすぎる」と話題になりました。

一方、最近の大阪の調査では、3位に“YouTuber (ユーチューバー)”がランクインし、また別の意味で大きな話題になっています。

もし、お子さんが「ユーチューバーになりたい」と言ってきたら、親としてどう受け止めますか?

 

■そもそも「ユーチューバー」とは?

ここのところ、メディアでの露出も増えてきた“ユーチューバー”。子どもの夢や憧れとしてとりあげられることも多くなってきました。

もともとは動画投稿サイト『YouTube』の再生によって得られる広告収入を、主な収入源として生活する人のことを指していましたが、最近では、YouTubeに限らず動画共有サイトへの動画投稿者のことを言う場合もあるようです。

 

LINEで送る