1歳になってもある…!? わが子の「8ヶ月不安」を疑いたい理由と泣きへの対策

62724046
source:http://www.shutterstock.com/

ニコニコと天使のようだった赤ちゃんが、ある日を境にママ以外の人に抱っこされると火がついたように泣き出すように……。実はそれは、“8ヶ月不安”と呼ばれる現象かもしれません。

これは必ずしも8ヶ月の子に限った話ではありません。1歳になっても続くこともあると言われています。

今回は4児の母であり子育てアドバイザーである筆者が、“8ヶ月不安”についてお伝えします。

 

■“8ヶ月不安”ってなに?

8ヶ月前後に急にママの後追いが増えたり、泣きが激しくなったりする時期があります。これを“8ヶ月不安”と呼び、皆さんもよく知る“人見知り”の専門用語とも言えます。

この現象は生後8ヶ月に限ったものではなく、発達の経過など個人差によって変わってきます。

そのため、最近では1歳前後までっこの現象が現れる子もいるそうです。

●成長に伴うさまざまな不安

赤ちゃんは生まれてからこれまで、ずっとママと一緒でした。

世界は自分であり、自分は世界であるという安心であたたかな世界から、見知らぬ恐ろしい世界に一変するのです。赤ちゃんにとっては不安でたまらない時期と言えます。

だから家族以外の人が抱っこすると、眉を寄せて不快感を示し、泣き出したり、怒ったりするのです。

この時期は腰も座ってきて目線も変わり、いろいろな発見ができるようになります。

それにも関わらずまだハイハイなどが十分にできないことから、ママへ自分ができない想いを伝えるために泣くことで自分の意思を訴えるとも言われています。

●こだわりが出てくる時期

決まったやり方でないとぐずる、という事態に陥る事が多くなってきます。昼寝の時間、食事の時間、夜寝る時間、はたまた寝入り方など、様々な部分においてこだわりが出てくる時期です。

 

LINEで送る