産後ママ最大の悩みは抜け毛!? 「育毛促進」に嬉しい3つの栄養素と絶対ケアすべき紫外線対策

source:http://www.shutterstock.com/

GWも終わり、気温もどんどん上がってきていますね。夏を迎えるこれからの季節は、紫外線量も多く、最も髪と頭皮がダメージを受けやすい時期です。

なんと、産後ママの7割が、「抜け毛が気になっている」と言われています。そんなママにとって、“ヘアケア”が重要な季節ともいえます。

そこで今回は、“抜け毛が気になるママ必見!産後抜け毛の原因とおすすめケア方法”をお伝えしたいと思います。

 

■産後の抜け毛はなぜ起こるの?

産後の抜け毛は、“女性ホルモンプロゲステロン(黄体ホルモン)”と“エストロゲン(卵胞ホルモン)”の変化が、主な原因だといわれています。

妊娠していない時は、髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、女性ホルモンが増えることで髪の毛が抜けにくくなるんです。

しかし、産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうので、ママは急に“抜け毛”が気になってしまうのです。

その後は、一時的に髪が薄くなる状態が続きます。2~3ヶ 月を過ぎればだんだんと髪が生え始め、生後6ヶ月 頃から遅くとも産後1年で戻るといわれています。

ですが、この“薄毛時期”にケアを怠ると、なかなか髪の毛が増えなかったり、健康的な髪の毛が生えてこないようです。抜け毛に悩むママは、早く元の状態に戻したいですよね。

特に、これからの紫外線の多い時期のケアは重要。後々に影響してきますので、気をつけてケアしましょうね。

 

■夏目前!頭皮や髪の毛は「劣悪な環境」に…!?

1番の大敵“紫外線”。

紫外線がお肌の大敵なのはご存知のとおりですが、これはもちろん頭皮にも影響があります。 これからの季節、太陽が照りつけると、頭皮の温度は50~55℃まで上がってしまうのです。

頭皮だって日焼けをし、炎症を起こします。その他にも、皮脂や汗に含まれる塩分などにより、頭皮と髪の毛の状態は劣悪になり、育毛を妨げ、トラブルを引き起こします。

特に、産後髪が少なくなったママが、紫外線に頭皮と髪をさらすのは危険です。

ではどうしたら髪や頭皮を守り、育毛へと繋げられるのでしょうか。

 

LINEで送る