就寝前にテレビ見せてない?パパも要注意の「子どもが夜に寝なくなる」5つのNG行動

になっても子どもがなかなか寝ついてくれなくて、困ってしまったという経験は親なら誰しもがあるでしょう。

子どもが寝た後というのは、ママがやっとゆっくりと自分の好きなことができる貴重な時間でもあるので、なるべくすんなりと眠りについてほしいものですよね。

そこで今回は、自身も1児のパパである筆者が、“子どもが夜に寝なくなるNG行動”について紹介します。
■「子どもが夜に寝なくなる」やってはいけない行動5つ

(1)朝起きるのが遅い

朝の起床時間が遅くなると、その分どうしても夜寝る時間が遅くなってしまいがちです。遅くとも7~8時には起こすようにした方がいいでしょう。

休みの日も遅くまでダラダラと寝かせたりせず、やはりそれくらいの時間に起こすようにすると、生活のリズムもできてくるものですよ。

 

(2)昼寝の時間が遅い

昼寝をする時間が遅くなってしまうのも、夜に眠くなるのを妨げる原因となります。理想としては、午前中に外で十分に遊んだ後、帰宅して昼寝をするというのがベストでしょう。

また、昼寝時間が長すぎるのも、夜の睡眠に影響を与えてしまうので、1~2時間で起こすようにした方がいいですよ。

 

(3)日中に遊んでいない

日中にしっかりと外で遊んでいないと、体力が余ってしまっているので、夜もなかなか寝つけません。たっぷり遊んで疲れさせると、夜もコトンと寝るようになってくれますよ。

また、日光を浴びた方が、健康にもいいですし、夜の寝つきも良くなるので、晴れた日は屋内ではなく屋外で遊ぶように心がけましょう。

 

LINEで送る