東大出身だから犯罪者に…!? 「早期教育と人間性」に因果関係はあるのか

source:http://www.shutterstock.com/

子どもの才能の芽を伸ばそうと知育教材を与えたり、幼児教室に通っているママを非難する人がいます。

「知識を詰め込むと子どもが委縮する」、「伸び伸びとした素直な子に育たない」と言う人もいます。でもその根拠は一体なんでしょうか。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“早期教育と人間性の因果関係”についてお話します。

 

■「●●式に通わせたらどんな人間になるんですか?」の問いに答えはない

筆者が以前、早期教育の幼児教室で働いていた時のことです。保護者からよく「ここに通わせたらどんな大人になるんですか?」、「追跡調査の結果とかあるんですか?」と質問されました。

答えようがありませんでした。どうしてかというと、子どもが成長してどんな大人になるかは、様々な要因が積み重なり絡み合っているからです。

遺伝、家庭環境、友達、どんな担任にあたったか……、などです。「“幼児教育の●●式”をやったからこれこれこうなる」の単純な図式ではないからです。

「幼い頃からそろばんをやらせていたから計算能力が高くなった!」とか「幼い頃、絵本を沢山読み聞かせていたから読書家になり国語の成績が良くなった!」など、一定の側面からはある程度、結果はでます。

けれども“人間としてどうなったか”は答えを出すことが出来ません。

 

LINEで送る