可愛いなら謙遜しちゃダメです!「親バカな親」の子どもは幸せになりやすい理由  

5099593
source:http://www.shutterstock.com/

あるママのお話です。子どもは特に顔立ちが良い訳ではなく、どちらかと言えばパッとしない地味なお顔でした。

散歩中、見知らぬオバサンが「まあ、可愛いお洋服着せてもらって」とベビー服を褒めました。でも、ママの反応は……「この子、本当に可愛いんですよ。ありがとうございます!」そう言って立ち去りました。

tekito-12
画 あべゆみこ©︎
出典: It Mama(イットママ)

 

この光景を見て「親バカ通り越してバカ親だな」なんて思わないでください。子どもにとっては最高のママなんです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお話します。

 

■自分は謙遜しているつもりでも「相手に失礼かもしれない」例

ある客人がやって来て「つまらないものですけど」と言って置いて行った手土産、開けたら、なんと“虎屋の羊羹”でした。

「虎屋に悪いじゃないか!」

またある客人が「粗品でございます」と言って置いていった箱を開けたらなんと“デメルのケーキ”。

「デメルに悪いじゃあないか!」と筆者は思います。

“粗品”はそもそも「あなたのような立派な方にふさわしい品ではありませんが」の意味もありますが、高級店に対してなんだか失礼な感じもします。これと同じで、例えば

「スタイルいいですね」と褒めたら「そんなことないんですよ~」

「そのバック素敵ですね」と言ったら「いえいえ、安物なんですよ~」

自分は謙遜しているつもりで言ったとしても、相手にしてみれば褒めたのに否定される。これって相手に対してもある面では失礼な感じがします。

「あたしに見る目がないってこと?」と思われているかもしれません。こんなときは素直に「ありがとうございます」と言った方が好印象を与えますよ。

 

 

LINEで送る