それ、子どもを八方塞がりにしちゃいますよ…!「事実で脅すNGしつけ」事例

source:http://www.shutterstock.com/

口癖のように「男の子なんだからしっかりしなさい」、「お姉ちゃんのくせに優しくしなきゃダメでしょ」と言っている人を見かけます。でも、子どもは好きで男に生まれたのではありませんし、選んで長女になったわけでもありません。

今日は、『1人でできる子が育つ  テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“変えられない事実で脅さないで!”についてお話します。

 

■子どもを八方塞がりにする!「事実で脅すNGしつけ」の例

・男の子のくせに

・女の子のくせに

・お兄ちゃんなんだから

・お姉ちゃんなんだから

・もう5歳なんだから

・もうすぐ小学生なんだから

こう言われたところで、子どもに逃げ場はありません。

例えば、メソメソ泣いていて、感情のコントロールが出来ないでいる子ども。ママから「男の子のくせに泣くんじゃない!」と言われたら「じゃあ女の子になりたい」と心では思ってしまうかもしれません。

でも、女の子に変身することが出来ないのを知っているので、泣くのを我慢するしかないのです。何だか八方塞がりですよね。

性別は選べませんし、月日が経てば自動的に歳を重ねます。6歳になれば嫌でも小学生になってしまうのです。

これらを楯にして、子どもにプレッシャーを与えることのないよう気をつけましょう。

 

■「事実で脅す」のがなぜいけないのか?

「●●のくせに」という言い方。ママにしてみればお姉ちゃん、お兄ちゃんであることを自覚させたいんでしょうけれども、“相手を責め、とがめる”ニュアンスが含まれます。

言葉の裏に「お前はどうしてこんなことも出来ないんだ」という気持ちが明確に込められています。

「●●なんだから」は、やや緩い言い方にはなりますが、子どもの今の状態を否定していることには変わりありません。

“男の子は●●であるべき”の固定観念は親の理想であり、また“下の赤ちゃんが生まれたら長男長女としっかりしてほしい”と思うのは大人の都合なのです。

更に、その理想に近づけようと“男の子のくせに”、“第一子なのに”と言い続けるのは「男の子なのに泣くのは弱虫だ」、「長女なのに意地悪だ」と言っているのと同じで、自信喪失になるだけです。

 

LINEで送る