実は結構いる!? 夫から「経済的暴力」を受ける隠れ妻の実態とは…?

319249013
source:http://www.shutterstock.com/

芸能人の離婚報道などにより、DV(ドメスティックバイオレンス)やモラハラ(モラルハラスメント)という言葉はすっかり定着しています。しかし、DVの中でも経済的暴力については、日本では「夫が収入を得て妻は家庭に入る」や「妻は夫を立てるべき」という価値観が残っているからなのか、まだそれほど認知されていないかもしれません。

そこで、今回は、弁護士の筆者が経済的暴力とはなにかということと、いざ自分が経済的暴力を受けたときはどうしたらよいかについて解説したいと思います。

 

■「経済的暴力」とはどういうものか?

経済的暴力とは、妻(夫)の金銭的自由を奪い、相手を追い詰めることをいい、典型的な例としては、

(1)相手に生活費を渡さず、自分は自由に金銭を使う

(2)正当な理由なく相手の収入を持ち出す、または管理して相手に自由に使わせない

(3)自分の収入や借金等の金銭の流れを明らかにしないまま、相手に不自由な生活を強いる

(4)相手が働きに出ることを許さない、または仕事を辞めさせて相手に不自由な生活を強いる

(5)正当な理由なく、働かず相手の収入に依存する

などがあります。

 

 

LINEで送る