その上から目線育児が地雷を踏む…!妻を怒らせる「なんちゃってイクメン」のNG行動

210366232 (1)
source:http://www.shutterstock.com/

「イクメン」という言葉はここ数年で広く浸透した感がありますが、男性が育児に参加するにあたっては、注意しないと逆に妻をイライラさせてしまい、なんちゃってイクメンな行動は妻の地雷を踏むことにもつながるのです。

そこで今回は、“妻を怒らせてしまうイクメンのNG行動”について紹介します。

 

■三重県が「男性の育児参画」を推進

先日、三重県庁において、イクメンに理解のある“イクボス”が集まり、企業の男性の育児参画を進める『みえのイクボス同盟』の発足式が行われました。この同盟には、県の呼びかけで県内の76もの団体が参加したそうです。

鈴木英敬知事は「10月までに150団体を目指したい」とも話しているので、県をあげて、男性が育児休暇を取得しやすい環境づくりがさらに進められていくようです。

 

■男性も「育児休暇」を取得しやすい環境になる

男性の育児参画への取り組みを行う企業や団体は、近年どんどん増えてきています。リクルートコミュニケーションズが男性の育児休暇を義務化しましたし、日本生命保険相互会社は男性の育児休業100%取得を達成しています。

男性の育児休暇制度を導入していても、周りの目などを気にしてしまい、実際は取得しない人が今までは多かったように思えます。ただ、今後は会社の方針として“男性の育児参画”を推進していく企業が増えてきそうなので、イクメンももっと増加していくことでしょう。

 

 

LINEで送る