そのワンパターンな褒め言葉、「子どもの表現力」を乏しくすることに…!

78308272
source:http://www.shutterstock.com/

“子どもは褒めて育てましょう”とよく耳にしますよね。でも、ママの口から出る言葉は“スゴイ、えらい、カッコいい、お利口ね”のワンパターンに陥っていませんか?ワンパターンな褒め言葉を繰り返すと、子どもも褒められても嬉しくないかもしれません。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“ママの褒め言葉次第で変わる表現力”についてお話します。

 

■「食レポ」にみるお決まりコメント

“食レポ”ってありますよね。テレビでタレントやアナウンサーがレストランに行き視聴者に美味しさアピール宣伝するあれです。単に「これ、ほんと美味しいです!」などのベタな表現だけですと仕事を下されてしまいます。

また、次のような表現が続くと実際、同じような言い方をしているレポーターも多いので、みている側は「また、それかぁ」と思ってしまいます。

「このお肉、噛む前にとろけてしまいます」

「口の中で色々な味がハーモニーとなって…」

また、食べる前からリアクションが大きすぎて、味わっていないうちからこう表現されると“ほんまかいな?”と思ってしまします。

 

■子犬にかける言葉は?

“目の前に子犬がいます。さあ、ひとこと言ってください。但し、『可愛い』は禁句です。”の表現力テスト。あなたは何と答えますか?

例えば次のように表現してみてはどうでしょうか。

「うちの縫ぐるみに似て愛嬌があるわね。わが家に招き入れて飼ったら楽しそう」

可愛いだけですと、仮に子犬がもし喋ることができたら「僕はいつもゲージの外から『可愛い、可愛い』としか言われないで飽きていたところだ。何だか違う褒め方されて嬉しいな」と答えるかもしれませんね。

 

LINEで送る