つい憧れママと自分を比べてる…育児に悪影響を与える「NGママ友付き合い」って?

207645055
source:http://www.shutterstock.com/

毎日顔を会わせるママ友。育児や家庭の悩みなどを話せるママ友は、良いこともありますが、時にはわが子を比べてしまったり、張り合ってしまったりとストレスの原因になってしまうこともありますよね。

近すぎず、遠すぎずのほどほどの距離感を保ちながらストレスなく付き合っていくのは意外に難しいものです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がママ友との距離の保ち方ついてお話します。

 

■ママ友と親友の違いを理解しよう

“ママ友”の言葉。子どもを介して知り合った友達なので前に“ママ”が付きます。たまたま同じ幼稚園に通っている、家が近所だから知り合った人。厳密に言えばあなた自身の友達ではなかったりします。

ママ友と一緒にいると“どこの小学校が評判か”“どんなお弁当がいいのか”など共通の話題で盛り上がります。また女性は群れたい傾向があるので一定のグループに属していると安心感があります。

でも、子どもを介しての関係であって、親友ではないのです。しつけの方針も違います。自由放任としつけを厳しくしているママでは家を行き来したとき、お互い困ることもあるでしょう。

ですからしつけの仕方が違う、価値観が合わない、一緒にいて不愉快な気持ちになる人とは距離を置くほうが自分の精神衛生上よかったりします。

 

■子どもを比較してしまうデメリット

同じ学年、同じくらいの月齢の子どもを持っていると他人の子どもとつい比較してしまいますよね。でも、子どもは一人一人違います。父親由来と母親由来の遺伝子を半分ずつもらってこの世に誕生しています。全く違う中味。だから比べてはいけないのです。

もし比べるのならば、よその子ではなく“わが子の1ヶ月前と今、どこが成長したか”に目を向けましょう。“1ヶ月前は一人でボタンがはめられなかったけれども、今は少し出来るようになった”“前は人参を一切口にしなかったけれど、今は一かけらくらいなら食べられるようになった”など必ず進歩があるはずです。

上手に服を着ることが出来る子、好き嫌いしないで何でもモリモリ食べる他人の子と比較していては永遠にわが子の成長に気づくことが出来なくなりますよ。

 

 

LINEで送る