96.2%が泣き止んだ伝説の曲も!赤ちゃん「泣きやませ秘密兵器ソング」6選

source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんがぐずぐずしているときは、家事も進まず、何もできないのでイライラと心配とが行ったり来たりします。

お腹も空いていないし、オムツも変えた、風邪とかどこか痛い様子でもない……。

そんなときは、“泣き止む動画”で、赤ちゃんの気分を変えてみませんか?

車で長時間移動をするのに、何かよい方法を探しているときも役立ちます。そんな、“子どもの食いつきがよく、ご機嫌が直る動画”を6つご紹介します。

 

■1:96.2%の赤ちゃんが泣き止んだ鉄板ソング!ロッテ カフカ 「ふかふかかふかのうた」

かなりの定番で、助けられている先輩ママもとても多い 『ふかふかかふかのうた』です。

『Walker+』の調査によると、なんと、96.2%の赤ちゃんが泣き止むと検証済!

30分バージョンもあるのですが、本当に30分聞き入ってしまいそうなくらいの食いつきです。

この動画を監修された、日本音響研究所所長の鈴木松美先生は、このように話をされています。 

「赤ちゃんが何にでも興味を示して反応する現象を“定位反射”といいます。赤ちゃんの聞こえやすい周波数と次々と変わる音楽や映像に、泣くことを忘れさせる、という仕組みです」

子守唄のようなゆったりした単調な歌より、コロコロと展開が早い歌の方が子どもの好奇心をあおり、泣くことを忘れるという素晴らしい事実。

“定位反射”を取り入れた泣き止ませるための動画というわけですね。

 

■2:子どもの憧れ!ママたちの間で超話題の「ポイブーブー」 

https://www.youtube.com/watch?v=RIcLlHPLSm4

いないいないばあで使用されている『ポイブーブー』は人気で、特に“子どもが泣きやむ”として評判です。

「聴かせるとすぐに泣き止む!」「グズっていた子どもがウソのようにおとなしく動画に釘付けになった」といったような声も聞かれ、『ポイブーブー』がいかに効果てきめんかわかりますね。

男の子なら、赤ちゃんより1歳前後以降の子ども向けの動画です。特に男の子は、車やトラックなど乗り物が好きなので食いつきがよさそうです。

憧れのあまり、「ポイブーブーになりたい」「ポイブーブーに乗って働きたい」と口にする男の子もいるみたいですね。

テーマが“ごみ収集車(ポイブーブー)”という珍しい歌ですが、ごみを拾うという教育にもよく、「晴れの日雨の日曇りの日~暑い日寒い日涼しい日~」など日本語の勉強にもなる動画です。

 

■3:流れた瞬間「おっ!」となる「キューピー3分クッキング」

最近では、ももクロバージョンも出るなど、バリエーション抱負で歴史ある『キューピー3分クッキング』の動画です。高めの音楽に、かわいいキューピーが華麗に踊っています。

これも、定番の泣き止む曲で、月齢は5が月くらいからが目安です。

比較的すぐに終わってしまうので、過度の多用や、年齢が上がることで飽きてしまう傾向にあります。

 

LINEで送る