五体満足なのにダメ…?「挫折・失敗」に打ち勝つための自己肯定感の育み方

253820581
source:http://www.shutterstock.com/

妊娠してもうすぐママとなる方の多くは、お腹のわが子に対して「五体満足で生まれてきてくれさえすればいい」と思うことでしょう。でも五体のうち、四体ともない状態、生まれつき両腕と両足がない障害、“先天性四肢切断”という最重度の障害を持ってこの世に生を受けた人もいます。それが乙武洋匡さん。

今年世間を騒がせたニュースで話題となりましたが、彼は障害であることをものともしない、おおよそ不幸とは無縁の幸せに満ちた顔をしています。どうしてあんなに自信に満ち溢れた輝いた顔をしているのでしょう?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が乙武さんのお母様の育児をヒントに“自己肯定感がなぜ育児で大切なの?”についてお話します。

 

■乙武さんのお母さんが誕生時に発した言葉

乙武さんは自身の生い立ちと出生時の母親の反応をご自身の著書『五体不満足』で以下のように書いています。

「オギャー、オギャー」火が付いたかのような泣き声とともに、ひとりの赤ん坊が生まれた。元気な男の子だ。平凡な夫婦の、平凡な出産。ただひとつ、その男の子に手と足がないということ以外は。

手足のない我が子との対面。「かわいい」母の口をついて出てきた言葉は、そこに居合わせた人々の予期に反するものだった

さらに、

この母子初対面の成功は、傍から見る以上に意味のあるものだったと思う。・・・中略・・・母が、ボクに対して初めて抱いた感情は、驚き悲しみではなく、喜びだった。生後1ヵ月、ようやくボクは「誕生」した

手足がない子どもは、通常“大変な不幸をしょって生まれた子”と思うでしょう。でも、乙武さんのお母さんは違いました。最初からすべてを受け入れました。だから、乙武さんは「障害は不便ではあるが不幸と感じたことは一度もない」と言い切ります。

 

■「自己肯定感がある子」はどんな育てられ方をしてる?

よく、“自尊感情・自己肯定感を育むことが大切”と言われます。それではこれらはどうやって作るのでしょう?

自己肯定感とは「自分はかけがえのない大切な存在だ」と自分のことを好きでいる気持ちです。これは親が「どんな状態であってもあなたを愛する」ことでしか育まれません。

親から見て期待通りに育っていなくても受け入れることです。○○出来る子はいい子、そうではないと悪い子、優秀でないと受け入れない、出来が悪いと否定するでは育たないのです。

子どもを一番守ってやるべき親が子どもをありのまま受け入れないと、子どもは幸せにはなれません。

 

 

LINEで送る