ウチの子、ひょっとして周りと違う…!? 「マイルール」を崩さず柔軟な子に育てる3つのヒント

自分なりの順番や方法にこだわってしまう子。お友達や周りの状況に合わせて動いてくれないのが心配の種ですよね。

時にはイライラして、「今、そっちを優先する必要ないじゃない!」とキツく叱ってしまうことも……。

そんなママに、“子どものマイルールを崩すことなく、こだわりの強い子を柔軟にする3つのヒント”をご紹介します。

 

■1:自信を与える!周囲に影響を及ぼさないルールは「認める」、「見守る」

子どもには、日常生活のなかに「この順番じゃないとダメ!」というルールがあったり、「これを持っていないとダメ!」という持ち物があったりすることがあります。

これらの“マイルール”は、行動を間違いなく終了させるための自分なりの工夫。“できる”自信や“わかる”安心を維持するために行っている場合が多いのです。

ですから、集団生活に支障をきたすものでない限り、できるだけ認め、見守ってあげましょう。

「一人でできたね!すごい!」という経験を重ねることで自信がつき、他の方法も試してみることができるようになります。

 

LINEで送る