震災を自分ごととして捉えてますか?今、ママができる「4つの支援方法」

236961268
source:http://www.shutterstock.com/

4月14日に起こった熊本・大分県地震、発生からすでに1週間が過ぎました。本震と思われていた最初の揺れが前震であったことや、余震が頻繁に発生していることなど、前代未聞の状況に、避難されている方はもちろん、日本中が不安の中にあります。

筆者は福岡在住ですが、筆者の両親や親戚の多くは熊本県在住。幸い人的被害はありませんでしたが、それでも今後の予測がつかないため、心配は尽きません。

福岡でもかなりの揺れを感じましたし、最初の二日間は携帯の警報が夜中に何度も鳴り、眠ることもままならない状態でした。娘も怯え、寝言で「怖い、怖い!」と言うなど、精神的にも影響が出ています。

今回は、福岡在住の筆者が現在の支援状況や、私たちにできることをお伝えします。

 

■現在の支援状況は?

日本中の善意により、救援物資は多く集められているようですが、需要と供給のマッチングができていないのが現状です。

また、報道でも再三言われていますが、指定避難所には行き届きつつあるものの、小さな避難所には全く届かない、ということもあるようです。避難場所の確認作業及び、どこで何が必要なのか、という部分を明確にする必要があります。

そんな中、情報通信研究機構(NICT)では、熊本・大分地域における被害状況や不足物資等に関するツイッターの内容を分析することができるDISAANA(ディサーナ:対災害SNS情報分析システム)を無料公開しています。

どこで何が不足しているのか、何に困っているのかがわかるため、スムーズに援助の手を差し伸べることに一役買いそうです。

ただし、この情報はウソや誤報が紛れていることもあるため、実際に活用する際は先方ときちんと連絡をとってから行動すべきでしょう。

 

 

LINEで送る