エクアドルでも大地震…!海外旅行時にも役立つ「災害対策チェックリスト」

source:http://www.shutterstock.com/

2011年に発生した東日本大震災が記憶に新しいまま、熊本地震が起こりました。ノロウイルスの感染や相次ぐエコノミークラス症候群の発症など、収束の気配は見えません。

また、地震の惨禍に襲われたのはわが国日本だけにとどまりません。エクアドルでも4月16日にM7.8の大地震が起こり、500人を超える人が亡くなり、今もなお150人以上の行方不明者がでています。ついには非常事態が宣言されるまで。

“地震列島”と呼ばれる日本はしょっちゅう地震に見舞われますが、耐震技術が高いと言われています。一方の海外、特に地震の少ない地域では耐震設計が行き届かず、稀に起きる地震によって、大きな被害に遭うケースがあります。

そこで今回は、シンガポール在住の筆者が、“海外在住もしくは海外旅行中のママが災害時に気をつけたいこと”をご紹介します。

 

■ママ旅チェックリスト1:「自分だけは大丈夫」という意識をほどよく捨てる

「自分だけは、わが家だけは大丈夫!」と油断して旅へ出発するのと、出来る限りの対策を講じて出かけるのとでは、結果が違ってくるでしょう。

人災、天災を問わず、巻き込まれる可能性はいつでも誰にでもあります。まずはそこを認め、自覚するところがスタートです。とはいえいつもピリピリしていたのでは、せっかくの旅が台無しです。

出来れば事前に対策をして、現地では旅行体験をリラックスして楽しめたらいいですね。

 

■ママ旅チェックリスト2:チェックしておきたい「在外公館」所在地

source:https://pixta.jp/

海外で何か事件や災害に巻き込まれたときには、日本人として日本大使館に助けを求めることが出来ます。

旅先の在外公館の場所や連絡先の確認は必須です。さらに携帯電話をレンタルするなどして、連絡手段も入手しておきましょう。

政府のサイトには『たびレジ』というサービスがあります。海外旅行や出張する人が、日程・滞在先・連絡先を登録すると、滞在先の安全情報や緊急事態発生時の連絡メールなどを受け取れるサービスです。

こういったものに登録しておくのも一つの方法です。

 

LINEで送る