眠りスイッチが入りやすくなる!? パパおすすめの「読み聞かせ絵本」3選

20160420yamada01

子どもが小さなうちから絵本の読み聞かせをしてあげることは、色々な効果が得られると言われています。

筆者も娘に絵本を読んであげて、実際に驚くような体験をしたことが何度もありました。

そこで今回は、“絵本の読み聞かせの効果と筆者オススメの絵本3選”について紹介します。

 

■知っておきたい「読み聞かせのメリット」

(1)絵本の読み聞かせは重要な「コミュニケーション」

子どもに絵本を読んであげている間は、2人で絵本の世界の中に入り込み、しっかりとコミュニケーションが取れる時間です。

親子の絆を深めるのにも最適でしょう。また、絵本を読むときは、子どもを膝の上に乗せて読んだりすることも多いので、スキンシップをはかることもできますよ。

 

(2)知らず知らずのうちに「語彙力や知識」が育つ!

絵本をたくさん読んであげると、一気に言葉や知識を覚えていきます。

筆者の娘も、動物の名前や「太陽」、「お月様」といった単語は、絵本をきっかけに覚えていました。

語彙が増えていくと、少しずつ子どもと会話も通じるようになっていくので、コミュニケーションも取りやすくなりますよ。

 

(3)そろそろおねむ?「寝るスイッチ」が入る

絵本を寝る前に読むように習慣づけてあげると、必然的に絵本が「寝るためのスイッチ」の役割を果たしてくれるようになります。

夜になって眠くなってきたら、自分から絵本を持ってくるようにもなるので、寝かしつけがしやすくもなるでしょう。

 

LINEで送る