妊婦さん必読!過去の震災から学ぶ「プレママ」が備えておきたい6つの防災ポイント

source:http://www.shutterstock.com/

九州地方を突然襲った震度7の地震……。現在も強い余震が続いており、今回の地震で「災害は他人事ではない」という意識が更に強まったことと思います。

特に、今妊娠中のママは、「今もし大きな地震が起きたらどうしよう?」と気が気でないかもしれません。妊娠中は、特に気をつけて、防災意識を高め準備をしておきたいもの。

そこで今回は、新潟県中越地震や阪神大震災などの震災を経験した、当時のプレママたちの声がまとめられた資料を参考に、“プレママが地震に備えて用意しておきたいこと”についてお伝えします。

 

■地震に備えてプレママが用意しておきたい6つのこと

(1)水がなくても使える「簡易トイレ」

地震を経験した妊娠中のママの声で多かったのが、トイレの問題。大きな地震が起きると、水道などが止まり、トイレも使えなくなります。

避難所などの仮設トイレは、大勢の人が使うので、衛生面がとても悪い状態。感染症などに気をつけなければならない妊婦にとって、とても使える状態ではないといいます。

水が無くても使える簡易トイレは必ず用意しておきましょう。

バケツやダンボール、ビニール袋を使って代用もできますが、その場合でも汚物を瞬間的に固めて臭いを消してくれる“凝固剤”は用意しておいたほうがいいでしょう。

 

(2)除菌ウェットシート・マスク

万が一、避難所などで避難生活となると、大勢の人がいる空間で過ごさなければいけないことになります。お風呂もしばらくの間、入れなくなります。

しかし、妊娠中の感染は胎児に影響が及ぶこともあるので、なるべく体を清潔に保っておく必要があります。

除菌ウェットシートやマスクは、カバンの中と避難グッズの中に常に携帯しておきましょう。

 

(3)「家具」の固定と配置の見直し(特に寝室と玄関)

倒れてくる恐れのある家具は固定し、食器棚なども食器が飛び出して割れて散乱しないような工夫を。高いところにはなるべくものを積まないようにすることも大切です。

寝ているときに地震が来ると余計に危ないので、寝室は特に気をつけましょう。

また、玄関も、鏡やワレモノなどを置いていると、割れてしまい、外に出ようと思ったとき怪我をし、逃げ遅れることもあるかもしれません。

震災が起こったことを仮定して、家の中をもう一度確認し、倒れてきたら危ないと思うものは固定や配置替えを行いましょう。

 

LINEで送る