実際、愛だけじゃ保てません!夫婦円満をキープするための3つの楽しい「忍」とは?

1204037_S
https://pixta.jp/
出典: It Mama(イットママ)

みなさんの家庭は、「生まれ変わってもまた今の夫(妻)と結婚したい……」、お互いにそう思える円満夫婦でしょうか?

“いい夫婦の日”といえば11月22日ですが、実は4月22日も、“良い(よい)夫婦の日”ということで、「最近冷め切っている」という方は、きたる“良い夫婦の日”に向けて、夫婦のコミュニケーションについて改めて見直してみてはいかがでしょうか。

今日は、あるアンケート結果をもとに、コミュニケーションライターの筆者が、“夫婦円満な家庭にするためのコミュニケーションの秘訣”についてお伝えしていきます。

 

■「生まれ変わってもまた同じ相手と結婚したい」人の驚きの割合は?

明治安田生命保険相互会社が昨年に夫婦をテーマとしたアンケート調査を実施したところ、「夫婦円満である」と回答した人は、79.7%。

また、「生まれ変わってももう一度同じ相手と結婚したいか」という質問に対して、「結婚する」と回答した人は49%。ちなみに、「結婚する」と答えた割合を夫・妻別で見ると、夫が54.8%、妻が43.3%でした。 

夫婦円満のために何が必要かという質問に対しては、最も多かった回答が、「よく会話をする」で75%、次いで「感謝の気持ちを忘れない」が64.1%、「相手を尊重・信頼する」(61.9%)と続いています。

「相手から言われたい一言」を尋ねた質問では、全体では「ありがとう」(26.6%)がトップ、そして「結婚して良かった」(9.3%)、「感謝しています」(7.8%)と続いています。妻は「よくやってくれて助かる」(8.1%)が3位となっています。

 

■夫婦の関係を「一文字」で表すと…

夫婦を漢字一文字で表すとしたら、あなたならどんな漢字を選びますか? アンケート結果では、男女ともに“耐える”“こらえる”という意味を持つ漢字の「忍」が13.1%でトップ、2位が「愛」(9.1%)でした。

実際、結婚生活を維持するには、「愛」だけではやっていけないことを多くの方が感じておられると思います。そう、結婚にはお互いの忍耐も不可欠です。

そして、「生まれ変わってもこの人と結婚したい!」と思えるような夫婦円満な家庭をキープするなら、ただ“耐える”“こらえる”のではなく、楽しく“忍ぶ”ことができるよう、お互い工夫することが大切です。

 

 

LINEで送る