この時期を逃さないで!0歳の赤ちゃんにもできる「おむつ外し」のコツと5つのメリット

Baby play with the pot, process of habituation
source:https://pixta.jp/

来年度から保育園に入れる予定のママや、妊婦さん、今の保育園での“おむつ事情”をご存じですか? 保育園にもよりますが、おむつを園内で捨ててくれない、使用済おむつを持ち帰りの保育園は意外と多いのです。実際お迎え後のバッグの中は悪臭が充満する日々……というママも多いようですね。

早めに子どもの排せつの自立が完了できる(自分で排せつしたいことに気付き、自らトイレに向かう、もしくは大人に連れて行ってもらう)と、このような状況も長くは続かないので、子どももママも快適に保育園生活ができると思います。

現代、おむつ外しの平均年齢は3歳4カ月くらいになってしまっていますが、“おむつなし育児”を実践している場合2歳前後で、排せつの自立ができます。

今日はおむつなし育児アドバイザーの筆者が、暖かくなった春だからこそ始めたい“おむつ外しとおむつなし育児の5つのメリット”をお話しいたします。

 

■おむつなし育児って何!?

“おむつなし育児”と言えど、実はおむつは使います。正確に言うと、“おむつに頼りきらない”ということです。

現代、特に先進国ですとおむつが当たり前になっていますが、日本も70年位前までは早期のおむつ外しが推奨されていましたし、今でも発展途上国はおむつは高級品のため、自然とおむつを付けない生活になっています。

“おむつなし育児”をしているママたちは、0歳から(新生児からも開始できます)赤ちゃん用のホーローおまるを利用して、排せつしたそうなサインを感じ取ったら、それに乗せてあげます。

これから始められるママもタイミングから始めて、徐々にサインが分かってきたら、したそうな時におまるを利用するのも良いと思います。また、おまるではなくて、トイレで(赤ちゃん用の便座を利用して)させるやり方もありますよ。

 

■おむつ外すの5つのメリットって?

どんな月齢の赤ちゃんもまずは“おむつを外す”ということから始めてみましょう! 1日というのはママは大変かもしれませんから、1時間とか、時間を決めてやるのが負担が少なく良いかもしれません。

最初は抵抗がありますが、おむつを外してみると思っている以上に良いことがあるんですよ!

(1)赤ちゃんの排せつに関する身体意識が高まる

完全におむつに頼った生活を長期に渡りおこなった赤ちゃんは、自分の身体からオシッコ・ウンチが出ていることに鈍感になってしまいます。というのも、今のオムツの性能はかなり良く、全然ムレないからなんです。

いっぽう、おむつをしていないと濡れることを肌で感じとることができ、自分がオシッコ・ウンチをしているんだということに気付きやすくなります。

(2)ママも気付ける

赤ちゃんによって、また月齢によって「○分間隔くらいでオシッコをする」など特徴が変わってくるのですが、おむつをずっとしていると、それにママが気付きにくいです。

おむつを外してみると、それが分かりやすくなりますし、「排せつ前にこんな表情になるな」「こんな体勢になるな」など、たくさんの気付きがあります。そうすると、排せつを通して、よりわが子のことを理解しやすくなります。

(3)おむつかぶれがなくなる

どんなに性能が良いおむつとは言え、肌が敏感な赤ちゃんは(特に暖かい時期になると)、かぶれてしまいます。ま筆者の娘もそうなのですが、おむつを外した時間を毎日少しでも作ってあげると、みるみる綺麗なつるりんとしたお尻が戻ってきますよ。

 

 

LINEで送る