子どもたちの憧れは真田丸!? 「偉人伝の読み聞かせ」が将来を切り拓くチカラを育む

source:http://www.shutterstock.com/

塾の本棚から「ねぇ、この本、借りてもいい?」と偉人伝や歴史上の人物について語られた本を持ってくる子どもには、いつも感心させられます。

このように、興味・感心を持って読書に取り組める子は、自分からどんどん読み、ぐんぐん吸収していきますが、なかなか本に興味を示さないお子さんもいるのも当然のことです。

そんな場合でも、“偉人伝”を読み・知り・考えることは重要。子ども自身から読まない場合には、親が読み聞かせるのも一つの手です。

そこで今回は、“子どもに偉人伝を読み聞かせる3つのメリット”をご紹介します。

 

■1:何かを成し遂げるには「努力」や「勇気」が必要なことを学ぶことができる

偉人が「どんな苦労をして」、「何を達成したか」を知ることは、ものごとを成し遂げる大変さや苦労を知る大切な経験。

子どものうちは「何でもできる!」と自信を持つことも大切ですが、実現し成し遂げるためには、それなりの苦労が伴うことも知っておかなければなりません。

その意味で、過去の人物の努力や苦労を知る機会をつくることは、とても重要なことです。

 

LINEで送る