リクルートが男性社員の「育休義務化」!? パパがイクメンを目指す3つのポイント

source:https://pixta.jp/

リクルートコミュニケーションズが男性社員の育児休暇を義務化したことが、つい先日発表されました。

企業の取り組みも活発化する兆しもあり、これからは積極的に育児に関わる、いわゆる“イクメン”と呼ばれる男性がどんどん増えていく社会になるのかもしれませんね。

そこで今回は、“イクメンになるためのチェックポイント”についてお話します。

 

■「イクメン社会」が到来するかもしれない!?

リクルートコミュニケーションズは、男性の育児休暇を義務化する制度を4月から導入したことを発表しました。正社員、契約社員の約500人が対象で、これまでは任意で2日間だった男性の育児休暇を、最大で20日に増やして、そのうちの5日は義務化するそうです。

今までも男性の育児休暇制度はあったそうですが、やはりなかなか利用する人は現れなかったようで、義務化することで“男性の育児参加を促す”目的があるようです。こういった企業の取り組みにより、今後より一層のイクメン社会の浸透が後押しされるかもしれません。

でも、ひとくちに“育児参加”といっても、一体どういったことをすればいいのか? 男性にはなかなかわからないものですよね。

ママや子どもも喜んでくれる“イクメン”になるにはどういたらいいのか。3つのポイントを紹介します。

 

LINEで送る