賛否両論!保育園の「使用済みオムツ持ち帰り」の実態とニオイ対策

source:http://www.shutterstock.com/

子どもを保育園に預けているママの、これからの季節の悩み事。それは、“オムツの持ち帰り”ではないでしょうか?

濡れたオムツやうんちのついたオムツが何枚も入っていると、ただでさえ重い荷物がさらに重くなります。加えて、暑くなってくると、ニオイもきつくなり……。

そもそも、保育園ではなぜ使用済みのオムツを持ち帰らなければいけないのでしょうか? 夏に向けて、効果的なニオイ対策は?

今日は、“保育園の使用済みオムツ持ち帰りについて、その理由と実態、そして対策”をお伝えしていきたいと思います。

 

■「使用済みオムツ」持ち帰りの現状

オムツの持ち帰りについて、国で明確な決まりが定められているわけではありません。つまり、各園の判断で定められています。

なので、同じ区内や市内でも、無認可保育園や認証保育園、私立幼稚園などでは、保護者の要望により、オムツは園側で処理してくれるところも多いようです。オムツ処理代ということで、毎月有料で費用を徴収する園もあります。

 

LINEで送る