ママがGWに夫にやってもらいたい「主夫業」はコレ!お願い♡のコツ教えます

8161259_S
source:https://pixta.jp/

学生や独身時代は楽しくて仕方なかった大型連休。ところが、子どもをもち、その現実を知ると長期休暇が恐ろしく感じてしまっているママも多いのでは……?

ワーママの場合、普段は朝から夕方まで子どもを保育園に預けていることと思いますが、子どもと一日一緒にとなると、これまでできなかった家事や用事をと思ってもなかなか進まないし、遊びに連れて行ってあげないと子どももグズってきたり……いろいろと大変。

こんなときこそ、夫の“主夫力”を借りて長期休暇を有意義に過ごしたいもの!

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、ママが夫にやってもらいたい主夫業と、上手なお願いの仕方についてお伝えします。

 

■ママが「夫にやってもらいたい主夫業」は、やっぱりアレ!

筆者のママ友に「ゴールデンウィーク、夫にやってもらいたい“主夫業”は?」と聞いてみました。

結果、圧倒的に多かったのが、“子どもの世話・遊び相手”で、7割のママ友がこう答えました。

また、“ベランダ掃除や庭の手入れなど、普段あまりやらないような箇所の掃除を手伝ってほしい”という意見も。

中には、“できれば休みをとってほしい”というママも2割ほどいました。ゴールデンウィークでも、お休みをとれないパパも中にはいらっしゃるようです。

 

■主夫業をお願いする際のコミュニケーションのコツとは?

大型連休などに夫に主夫をしてもらうとすごく助かるというママからの声が多いものの、実際は手伝ってくれるどころか、「疲れがたまってるから」なんて言いながらダラダラして過ごす……というご主人も多いのでは?

そんな夫を目の当たりにしたら、「ちょっとは手伝ってよ!」「たまには子どもを連れて公園にでも行ってきたら!?」なんて怒りをぶつけたくなってしまいますが、これはNG。

「たまの休みぐらいゆっくりさせろよ!」と逆ギレされ、喧嘩になってしまう可能性が大いにあります。そうなれば、せっかくの大型連休が台無しですよね。

男性に主夫業を快くやってもらうのには、コツがあります。

 

(1)「アイ(I)メッセージ」で伝える

夫に気持ちよく動いてもらいたいなら、命令や脅し口調ではなく、気持ちよく引き受けたくなるように伝えましょう。「~してくれたら助かるんだけど」「~してくれたら嬉しいんだけど」というような“アイ(I)メッセージ”で伝えるのです。

ちなみに、「(あなたは)~しなさいよ!」というメッセージの伝え方は、心理学でユー(You)メッセージと言います。ユーメッセージは、命令や強制といった感じを相手に与え、反発心を招きやすくします。

一方、アイ(I)メッセージは、「(私は)~」してくれたら助かるんだけど」と、あくまで自分の思いを伝えているだけですから、強制や命令といった感じを相手に与えることはありません。反発心を招くことなく、相手に言うことを聞いてもらいやすくなる、ぜひマスターしておきたいコミュニケーション術のひとつです。

【会話の例】「今日、お買い物をいろいろしたいから、私が買い物をしている間、子どもと遊んでいてもらえるとすごく助かるんだけど。お願いしてもいい?」

 

 

LINEで送る