子育てのイライラ解消のヒントは「貯金」と「メガネ」だった!?

Optics shop sale advertisment woman holding stylish glasses frame
source:https://pixta.jp/subscriptions

何かをきっかけに育児のペースが崩れると、「わが子のやることなすことにイライラする……」「なんでママを困らせるようなことばかりするの?」と感じ、抜け出したくでも抜け出せない負のスパイラルにはまってしまうことがあります。

「私が嫌がることばかりしてきて頭にくる!」と思ったとき、どう対処すればいいのでしょうか? 

今回は、育児相談室「ポジカフェ」を主宰する佐藤めぐみが、子どものイヤな部分ばかりが目についてしまうときの対処法についてお伝えしていきます。

 

■「私が嫌がることをあえてやってくる」と思ってない?

「忙しいときに“限って”、散らかすんだから、もう!!!」

「まったく!急いでいるときに“限って”、どうしてこぼすの!!!」

のように、「~に限って、××だから」と子どもにイライラしてしまうことってありませんか?  こういうときのママの心中は、「この子は私を困らせるとばかりやる」という怒りの気持ちでいっぱい。でも、本当に子どもって、ママを困らせようとしてわざと嫌なことをしているのでしょうか?

 

■「忙しいときに限って」は気のせいじゃない!

行動は単独で突如発生するものではありません。なにかしらのきっかけがあり、そこから誘発されるように行動は起きるものです。だから、行動には何かしらの理由があるのです。

全ての行動に共通するのは、“メリットがある”ということ。「好きだから」「嬉しいから」「イヤなものから逃げられるから」と、その行動をすることで、何かしら“いい思い”をすることができるから、そうするのです。

ということは、ママを困らせる嫌な行動の数々も、子どもにとっては何かしらの恩恵があるわけです。「そんなことしたら、ママの雷が落ちるだけなのに……」と、思っても実はそんなことはないんです。大好きなママが自分のところに来て、手を焼いてくれるのですから!

つまり、ママへの嫌がらせに思えるあの行動は、子どもからのサイン。まだまだ不器用な子どもたちは、あの手この手でママの注意を引くアプローチをしてくるのです。

だから、“忙しいときに限って”子どもの困らせ行動が多発するように感じるのは、気のせいではありません。忙しくなると、子どもの「ママ見て」「ママこっち」に反応しきれず、注意がおろそかになるために、子どもはその目線を取り戻そうと、困らせ行動をするようになるのですね。

 

 

LINEで送る