風邪に似てる…!? 医学博士が語る、小児に多い「溶連菌感染症」の予防法

source:http://www.shutterstock.com/

溶連菌感染症、正確に言うと“A群溶血性レンサ球菌感染症”。子どもに多い病気として、テレビや新聞などで耳にしたことがある方も多いのではないしょうか。

喉に強い痛みが生じるだけでなく高熱を伴い、最悪の場合は続発症が出てきてしまうので注意が必要です。

そこで今回は、医学博士で予防医学に精通する筆者が“溶連菌感染症とその予防法”についてご紹介します。

川上先生

 

■レンサ球菌は撃退できる!「菌」と「ウイルス」の違いを知る

溶連菌感染症は、“レンサ球菌”による感染症です。ということは、その正体は“菌”であることがお分かり頂けると考えられます。

一般的に風邪と似た症状を引き起こしますが、通常、風邪の原因となるものには菌よりもウイルスが原因となるケースが多いです。

それではここで気になるのが菌とウイルスの違いです。

菌とは、基本的に自己増殖能力があるので、“生物”として扱われますが、ウイルスには自己増殖能力がなく、人間の細胞のシステムを利用して増殖するもので、生命体ではありません。

様々な考え方がありますが、ウイルスは“物体”として考えて頂けると分かりやすいかもしれません。

ですから、ウイルスが原因で風邪を引いてしまった時には、元々生命体ではないわけですからやっつけることもできないため、特効薬がほとんどないのです。

自分の免疫によって、ウイルスを地道に撃退するしかありません。それに対して“菌は生命体”なので、抗生物質の投与により撃退することが出来ます。

 

 

LINEで送る