ステレオタイプの決めつけはNG!? 「愚かな先入観」を捨てた方がいい3つの理由

source:http://www.shutterstock.com/

「あの人、B型だからマイペースだ」「AB型だから二面性がある」と、血液型で相手を判断したり「あの人、大阪出身だから」「東京の人だから」「田舎の人だから」と出身地で先入観を持ったり、「乙女座だから」「おうし座だから」と星座で見たり、とかく人は“一定の枠組み”で捉えることが好きです。

子育てでも「男の子だから、女の子だから、一人っ子だから、末っ子だから」と型にはめたり、固定観念で子どもを見たりします。でも、子どもは個性を持った“一人の人間”です。

そこで今回は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“愚かな先入観を捨てた方がいい理由”についてお話します。

 

■「男の子だから、女の子だから」という先入観が子どもを苦しめる

ちまたには“男の子の育て方”、“女の子の育て方”の本が溢れています。

そこには「ママにとって異性である男の子は、捉えどころのない生物、走り回り、電車やミニカー、恐竜に没頭するのが理解できない、だから宇宙人だと思いましょう」と書いてあったりします。確かにママは女性なので、男児を育てるのは難しい面もあるので、このような本も参考になります。

でも、じっとしているタイプの男の子もいれば、電車や恐竜ではなく、ままごとや料理に興味関心の強い男の子もいます。そんな子を持つママは、おとなしい引っ込み思案なわが子に、先述の本を読んだことで「男の子らしくない」と枠組みをはめて深く悩んだりします。

更に、心と身体の性が一致しない“セクシャル・マイノリティー(性的少数者・トランスジェンダー)の子どもも存在します。男の子なのにスカートを履きたがり“君付け”されることを嫌がったり。

これらの子ども達は“男”か“女”という2つの枠組みしかない世の中では、とても息苦しい生活を送ることになります。

 

LINEで送る