電車がベビーカーを挟んだまま発車!? 子連れママが「電車やバスで気をつけたい」3つのこと

source:http://www.shutterstock.com/

先日、地下鉄半蔵門線でドアにベビーカーが挟まったまま発車し、破損するという事故がありました。

空のベビーカーだったのは不幸中の幸いでしたが、万が一、子どもが乗っていたら……と考えると恐ろしいですね。このように、赤ちゃんにとって、“外の世界”ではいつなんときアクシデントが起こるかわかりません。

そこで今回は、“電車などの公共交通機関を利用する際に気をつけたいこと”についてお話します。

 

■認知度25%未満…、でもぜひ利用したい「ベビーカーマーク」とは?

みなさんは、『ベビーカーマーク』をご存知でしょうか?

電車やバスの中でも、「ベビーカーを折りたたまずに使うことができる」ことを意味するもので、2014年3月に国土交通省が定めたものです。

ですが、この『ベビーカーマーク』はまだまだ認知度が低いです。今年1月に内閣府政府広報室が行なった「ベビーカーマークに関する世論調査」によると、『ベビーカーマーク』を見たことがあり、内容も知っていたと答えた人は24.9%に留まり、見たことはなく、内容も知らなかったと答えた人が45.9%にのぼりました。普段電車をあまり利用しない筆者も、実はこのマークのことを知りませんでした。

都市部を中心に様々な鉄道会社やバス会社で採用されているので、ぜひ利用したいですね。

 

LINEで送る