お友達にケガをさせちゃう!「子どもの乱暴な性格」を変える3つのヒント

6724515_S
source:https://pixta.jp/

「すぐに友達に手や足を出してしまう」「ケンカをすると相手を泣かせてしまう」ママとしては、保育園などで新しいお友達の子にケガをさせないか、大きなトラブルに発展しないかヒヤヒヤしてしまいますよね。

自我が芽生え、身体の発達も著しい2~3歳頃の子どもの成長の証とも言えるため、あまり過剰になっていてもよくありませんので、失敗も経験させながら、友達への思いやりや、手加減を学ばせることが何より大切です。

そこで今日は、やんちゃで喧嘩早い子の性格を変えるための3つのヒントをご紹介します。

 

■1:期待以上!? 「礼儀」を重視する習いごとの効果は?

young boy preparing to perform judo
source:https://pixta.jp

小さい子どもにも習わせる親が増えている空手などの武道や茶道など、“礼”に厳しい日本文化に根付いた習いごとは、相手への敬意や丁寧な対応を学ぶのにぴったり。

人生経験が豊富な目上の人を敬う大切さを理解すると、大人やお年寄りの話をよく聞き、たくさんのことを学びとる子に育ちます。友達をバカにしたり、自分だけが優れていると思いこんだりしない心を育む効果も期待できます。

 

■2:“やさしさ”が世界を救う!「道徳的な絵本」の読み聞かせを

pixta_6394877_S
source:https://pixta.jp

幼い子にとって、自分のまわり以外の“外の世界”を知る機会はとても少ないものです。豊富な社会経験をもたない幼児に「相手の気持ちを考えてごらん」と言っても難しいですよね。

楽しくのめりこめる絵本や物語の世界で、道徳や友情、思いやりの心を学ばせてあげましょう。“やさしさ”が世界を救うストーリーや、悪の世界を倒すストーリーなどは、子どもも大好きな分野です。

「こんなふうになりたいな」と憧れることができるよう、良い話をたくさん聞かせてあげましょう。

 

 

LINEで送る