無料体験クラスには罠アリ!? 「授業に集中しない子ども」を生み出すNG先生の特徴

10800812_S
source:https://pixta.jp/

新年度ですね。この時期は幼児向けの様々な習い事の勧誘メールや無料体験授業のパンフレットがポストに投函されます。今年度から子どもに習い事を考えているママはいろいろと比較検討していると思いますが、習い事を選ぶときのポイントはズパリだた一つ。実際に担当する先生のスキルです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が良い先生を見抜くコツについてお話します。

 

■勉強や習い事の好き・嫌いは「先生」で決まる

生まれつき算数が苦手な子どもはいません。もともとピアノが嫌いな子どもはいません。でも、嫌いになるような教え方をされて嫌になってしまう子はたくさんいます。

日本はピアノを習う子どもの数は世界一だと言われています。でも途中で止める子どもの数も世界一だと言われています。ピアノの練習が苦痛なため途中で投げ出してしまう子が多いのです。その原因は楽しいレッスンをしてくれる先生に出会わなかったからですね。

好きになるのも嫌いになるのもすべて先生にかかっているといっても過言ではありませんよ。

 

■オリンピック選手に育てたい?

ピアニストにする、オリンピック選手にするのならば泣いても叫んでも辛い練習に耐えさせ続けさせなくてはなりません。でも、ごく普通の子の習い事に「面白くなくても楽しくなくても苦痛でも、将来のために弱音を吐かないで我慢してやりなさい!」と強制すれば結果は嫌いになるだけです。

まだ人生経験の短い子に「将来のために耐えるんだ~」と言っても無理です。つまらなければやりたくないし、面白かったり楽しさを経験できれば単純に「また行きたい」と思います。

ですから、まずは“子どもを夢中にさせることのできる”先生を選びましょう。

それは何を教えてくれるかという指導内容よりも、声の出し方だったり、笑顔だったり、テンポリズムがある飽きない授業ができる先生が担当してくれるかどうかです。子どもは集中力がないものです。ですから幼児にはこれらの要素が重要です。お笑い芸人的なエンターテインメント性の高い指導が出来る人だったらなお良いですね。

 

 

LINEで送る