1クラスに3~4名もいる!? 「よく喋るのに読めない子」への正しい理解とは

読書をする女の子
source: https://pixta.jp

お喋りが得意でお友達と仲良くできてコミュニケーション力も社会性もあって頭も良い、なのに“文字が読めない、書けない”障がいがあるのをご存じですか?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“学習障がい児に対する大人の対応”についてお話します。

 

■小学校の1クラスに3~4名の割合で存在する「ディスレクシア」

発達障がいの人が全人口に占める割合は10%と言われています。その中でディスレクシア(=学習障害・LD)は4パーセントといわれる高い比率です。小学校の1クラスに3~4名はいる計算です。

めちゃくちゃよく喋るけれども読めない、書けない生まれつきの脳の機能障害。先天的なものですから親の育て方や本人の努力不足が原因ではありせん。又、幼稚園、保育園時代は本格的なお勉強は始まりませんから親や先生が気づくことはありません。

この障がいは例えば“やま”という字を視覚的に捉えることは出来るけれども、これを音声化することに困難を示します。弱視や全盲のように目そのものに問題があるのではなく、脳の機能障がいです。見てはいるけれども“読めない”のです。

視覚障がいの人が点字を使ったり、近視の人が眼鏡をかけたり、足の悪い人が杖や車椅子を使っても誰もおかしいとは思いませんよね?

でも、パッと見わからない学習障がい児については周りの理解が少なく、ディスレクシアの人の多くは特別な支援をされずにいるのが現実です。

中には字が歪んで見える、上下左右反転している。動いているように見える、通常とは違う見え方をしているLDの人もいます。このような障がいがある子に対して同じ学習方法で一斉指導する学校。このような子には当然困難が強いられます。

 

■理解ある教師が「あきらめてしまった」理由とは?

勉強をしっかりした心ある教師がいました。プリントを与えて自分で読んで回答させることが難しいディスレクシアの生徒に対して「あなたはちゃんと理解できる頭を持っている。でも目でとらえて読めない、書けないだけ。だから耳で聞くことが出来るように先生が問題を読んであげる」と個別指導しました。

ところが他の生徒達が「あの子だけ特別扱いされている。えこひいきされている、ずるい」と言い出し、苛めが始まりました。

これを見た教師は「苛められたら可哀想だから特別扱いは止めよう」と支援を断念してしまいました。

でも、一歩進んで「人にはいろんな見え方がある。だから特別な教え方をしている。」と他の生徒たちにこれを機会に教育すれば、クラスメートのディスレクシアへの理解が深まるチャンスだったのに残念なことです。

 

 

LINEで送る