行楽シーズン到来!パパも楽しめるオススメの「赤ちゃん連れお出かけスポット」3つ

■感性刺激する「動物園や水族館」

source:https://pixta.jp/

動物園や水族館で生き物を見せてあげると、生後5~6ヶ月の赤ちゃんでも、やはりとても喜びます。

好奇心などを刺激し感性を育んであげることは、赤ちゃんの発育にとってもいい効果があるでしょうし、広い動物園であれば、パパの運動不足解消にもなりますよ。

ただ、動物園や水族館が近くにない場合、連れて行くのも大変なことです。そんなときにオススメなのが、ペットショップやホームセンター内にあるペットコーナーです。

筆者も、ホームセンターに行って、ペットコーナーで仔犬や仔猫、そして熱帯魚などをよく子どもに見せていました。一緒に買い物もできてしまうので、かなり助かりますね。

 

■おむつ替えにも困らない「デパートやショッピングモール」

赤ちゃんとお出かけするとき、一番重要なのがおむつ替えの場所です。2時間を越えるお出かけになる場合は、おむつをどこで替えるかを、多少は考えておかなければなりません。

その点、デパートであれば、子ども服やおもちゃ売り場などのフロアに行けば、授乳室やおむつ替えスペースが用意されているので、安心して過ごすことができるでしょう。

子どもの遊び場や屋上庭園などもあるので、日光浴も楽しめますよ。

 

■パパのお出かけの注意点

パパが赤ちゃんと2人でお出かけする場合、意外と何も考えずに、手ぶらに近い形で出かけてしまいがちです。でも、それは絶対にNGです。実際に筆者も、手ぶらで出かけてかなり後悔した経験があります。

最低限これだけは持っていくべきという物としては、おむつ、タオル、ウエットティッシュ、着替え、羽織る物などです。これらをリュックなどに入れて出かけると、外で困ってしまわずに済みますよ。

 

赤ちゃんもずっと家の中にいるよりは、外に連れ出してあげると、気分転換にもなりますし、日光浴ができて健康のためにもGOODです。

たまにはパパと赤ちゃんの2人でお出かけして、ママに一人の時間を作ってあげることも大事なパパの役目ですよ。

 

【画像】

※ Mila Supinskaya / Shutterstock

※ 花火 / PIXTA

【著者略歴】

山田周平・・・作家/ライター。Webライター・コピーライターとして、WEBサイトの企画・ライティングや恋愛コラムの執筆などを行っている。著書に『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(大和出版)

【関連記事】

怪獣と化すわが子にぐったり…イヤイヤ期に「お出かけして後悔した場所」3つ

就学前の子どもが、土日のお出かけで「実は学んでいる」4つのコト

「公園デビュー」は誰のため?価値あるデビューのためのママの心得

アンデルセン公園だけじゃない!1,000円以内で遊べる「都内近郊のレジャー施設」4選

毎年600人が救急搬送されていた!「楽しい公園遊び」でママが気をつける3つのポイント

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 最新トレンド!海外で話題の「バターコーヒーダイエット」に絶対に必要なモノとは 

※ 初めてだから失敗はイヤ!先輩ママが選んだ「ファーストシューズ」は? 

※ 先輩ママおすすめ!抜け毛や白髪など「産後の髪トラブル」の解消法とは? 

※ げっ…クサいかも!? この時期オススメの「洗濯物の生乾き臭」を防ぐ方法

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 趣味は妻!? 夫が「溺愛してしまう」オンナの共通点4つ

LINEで送る