「記憶力が良い子」になるヒントはコレだった!覚えておきたい3つの習慣

10728466_S
source:https://pixta.jp/

筋肉と脳のはたらきは、一生鍛えることができると言われています。逆に言えば、せっかくの脳のはたらきも、活用しなければなかなか発達しないということ。楽しみながら脳をフル回転させて、子どもの記憶力をぐんぐん伸ばしましょう。

今回は、記憶力の良い子に育てるための3つの習慣をご紹介します。

 

■子どもを「記憶力の良い子」に育てるための3つの習慣

(1)興味を示したことには、とことん付き合う

ただ見たり聞いたりするだけで物事を理解したり、記憶したりすることは難しいもの。ですが、興味をもって時間を忘れてのめり込んだりして何かを成し遂げた時など驚くほどの記憶力を発揮します。

子どもが夢中になれるものがアニメキャラクターの名前でも、恐竜の種類でも、色でも、何でもOK。興味を示したものについては、本や動画や絵本をたっぷり見せて興味関心を高めてあげましょう。好きなものを全て覚えることで、記憶力をどんどん鍛えることができます。

 

(2)「感動」を伴う体験を

記憶に焼き付けるためには、大きな感動が大切。そのためには、一緒にいるママも、知っているからと言って「ふーん」で終わらせず、「すっごーい!」などと感動してあげましょう。ママと一緒に体験したうれしかったことは、いつまでも記憶に残っているものですよね。

そのためには、子どもが興味を示した場所には積極的に出かけ、楽しいことや美しいものに出会ったら少し大げさに喜びましょう。子どもが笑ったら、一緒になって大きな声で笑う。感動していたら、一緒になって感動する。子どもと人生を一緒に“楽しむ”ことで、子どもの記憶力がぐんぐん育ちます。ママにとっても子どもと一緒の感動体験は視野を広げることになり、プラスになるでしょう。

 

LINEで送る