ママに知ってもらいたい!保育園の先生が声をあげづらい「気になる子」とは?

保育士イメージ
source:https://pixta.jp/

保育園に入る際、集団生活に馴染めるか不安に思うママもいると思います。保育士は、入園した子の中の一割弱が“気になる子”として他の子以上に注意を置いていると言われています。100名いれば10名は気になる子なのです。

保育園がスタートしたばかりで誰も「自分の子どもが怪しい」なんて思いたくないですよね。でも、現実を受け止めて適切な教育、支援をしなければ、あなたの子どもが大きくなった時に今よりももっと困ることになるのです。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が本当に子ども達のためになる親の行動についてお話します。

 

■“気になる子とは

 “気になる子”とは単に親のしつけが出来ていないとか、性格や個性ではなく、何らかの脳の機能障害により通常とは明らかに違う子ども、つまり発達障がい児のことを言います。

・学習障害(LD)

・注意欠如/多動性障害(AD/HD)

・広汎性発達障害(PDD)※広汎性発達障害には、自閉症やアスペルガー症候群、トゥレット症候群も含まれます。

このように、様々な障害を持っている子どもがいます。

強いこだわり、言葉の遅れ、多動や癇癪の原因が発達障がいから来ていることもあります。そうなると通常のしつけや保育の仕方ではうまくいかないことも多く、家庭と園が上手く連携をとってその子の特徴にあった支援、手助けをする必要があります。

そんな時、「○○ちゃんに気になる点があります」と言われ、“素直に受け入れるママ”と“相手を責め怒り出すママ”とでは子どもの将来は大きく変わってきます。

例えば、自閉症児は道順や物の位置など変化を嫌うことがあります。そんなときに、自閉症であることを認めたくないママや先生から、“ワガママ”という一言で片づけられ叱られると、子どもはとても不安定になります。

親から、障がい特性にあった子育てをされなかったツケは思春期以降に、うつ、他害、自傷などの二次障がいとして表れてくることもあります。

 

LINEで送る