ママへの2次感染に注意!子どもの「嘔吐物の正しい処理法」とオススメの消毒液

17175524_S
source:https://pixta.jp/

風邪でもないし、体調も悪くなかったのに急な子供の嘔吐に驚いて慌ててしまった経験ってありませんか? それもそのはず。感染症は症状がはっきりと出る場合だけでなく、症状が現れない“不顕性感染”(ふけんせいかんせん)もあるのです。

嘔吐物の処理法を間違うと、ママが何かしらの感染にかかってしまう恐れもあるのです。感染が起こる原因としては、接触(経口)感染、飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)の3つが挙げられます。

今日はこの3つの感染ルートを遮断し、二次感染を防ぐための“正しい嘔吐物処理法と赤ちゃんに安心して使える消毒液”についてご紹介します。

 

■菌の種類によってはアルコールスプレーは無力?

嘔吐物には感染性微生物が含まれることがあり、感染拡大防止のため迅速且つ適切な処理が必要です。

多くのママは、嘔吐物を拭き取るだけ、もしくはアルコールスプレーをして除菌完了!と思われている方も多いはず。一見それで良さそうなのですが、実はウィルスによってはそれでは菌が死なないものがあります。

ノロウィルスや、乳児が感染しやすいロタウィルスはアルコールスプレーは無力で菌を殺すことはできないのです。これらウィルスに有効なものは、塩素系漂白剤です。

 

■敏感肌の赤ちゃんにおすすめ消毒液

塩素系漂白剤というと、赤ちゃんへの影響が心配なママも多いはずです。筆者もその1人で、他に赤ちゃんに安心な消毒液がないかと探したところ、ありました!

その名も“亜鉛素酸水”。水と食塩を電気分解して作られた亜鉛素酸水なら安心して、赤ちゃんが触れる場所にも使用できます。驚くことに、除菌・消臭後には普通の水に戻るそうです。だから肌が敏感な赤ちゃんにも安心ですし、万が一誤って飲んだとしても、食品添加物からできているので、危険から守ることもできます。

筆者のおすすめは亜鉛素酸水『バイバイ菌』ですが、他にもネットで安価に手に入るのでチェックしてみてください。

 

 

LINEで送る