構い過ぎはNG!? イヤイヤ期でもちゃんと伝わる、成長促す「2歳児勇気づけ」のコツ

source:http://www.shutterstock.com/

子どもが2歳を迎えるころには、一人遊びができるようになったり、手先を器用に動かしてものを動かせるようになったり、要求を上手に伝えられるようになったりと、できることがかなり増えますよね。

一方で、まだ言葉をスムーズに話すことができないために「ちゃんと分かっているのかな?」「叱ったけれど、伝わったかな?」と不安になることも多いのではないでしょうか。

そんな、“2歳児にもちゃんと伝わる、成長を促す勇気づけのコツ”を3つご紹介します。

 

■1:「ママが」喜ぶ

「すごいね~」「偉いね!」などの“褒め言葉”には、「良いことをしたんだ!」と達成感を味わわせる効果が期待できる一方で、できたことに満足してしまい「もっとできるようになろう」「もっと挑戦しよう」という意欲につながらないことがあります。

“できた喜び”と“向上心”とを両方掻き立てるためには、「ママ、嬉しい!」を伝えてあげましょう。できたことで大好きなママが大喜びすれば、「もっと喜ばせてあげたい」と“挑戦意欲”を引き出しやすくなります。

また、「●●ができるようになって、ママ嬉しいな」と感動を伝える言葉がけは、ものごとを完全にできるようにならなくても、かけてあげることができます。

「ここまでできたね、嬉しいな」と自身の成長に気づかせてあげることで、やる気を引き出しやすくなりますよ。

 

LINEで送る