将来に影響するので避けたい「離婚時の子どもへの接し方」とアフターフォロー3つ

311542820
source:http://www.shutterstock.com/

3月は卒業式や卒園式が行われ、それぞれの“別れ”を経験されているのではないでしょうか? そして、夫婦にとっての別れである“離婚”も実はこの時期多いのです。

厚生労働省の人口動態統計によると、平成27年の年間推定離婚件数は22万5000組。なかでも、例年離婚数が多いとされているのがこの3月です。平成21年度の「離婚に関する統計」では、子どもの有無を問わず、年間を通して3月に一番離婚が多いことが報告されています。

もしかしたら、別れを決意した、もしくはもう離婚へ向けての話し合いが進んでおり、4月からは新しい生活が始まるというママもいらっしゃるかもしれません。

小さい子どもがいる夫婦だと、離婚をする場合、子どもへの接し方をどうすべきか悩んでいる方も多いことと思います。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、離婚の際の子どもへの接し方についてお伝えします。

 

■離婚する際に避けたい子どもへの接し方2つ

(1)なにも事情を話さず離婚する

子どもがまだ小さいと、どうせ理解できるはずがないからという理由で、離婚のことを伝えないまま別れてしまうご夫婦は多いようです。

しかし、なにも言わずいきなりどちらかの親がいなくなってしまうと、子どもは混乱します。「パパ(ママ)は自分のことを嫌いになってどこかに行ってしまったんだ……」と思ってしまうこともありえます。

離婚が決まったらきちんと「もうすぐしたら、パパとは離れて暮らすことになるんだ」と伝え、心の準備をさせてあげてましょう。

(2)「一方の親が悪いから離婚する」と伝える

離婚の原因は、夫婦によってさまざまでしょう。不倫、暴力、お金の問題、価値観の不一致……。どんな事情があろうと、「パパ(ママ)が悪いから離婚する」というように、一方の親の悪口を言うのはNGです。

男女の関係からみれば、夫(妻)はダメな人だったかもしれません。しかし、子どもにとってはただひとりの父親です。あなたも、身内の悪口を言われて、いい気分は決してしないでしょう。それは小さい子どもとて同じです。

自分の分身のような存在の親を悪く言われれば、傷つきます。どのような事情があったにせよ、子どもの前で一方の親を悪く言うこと、一方の親が悪いから離婚すると伝えるのは、やめましょう。

 

 

LINEで送る