1日20分!「小1プロブレム」を未然に防ぐ幼児期の勉強習慣

source:https://pixta.jp/

「小学校に入る年齢になったら、自然と勉強習慣が身につく 」ことはありません。いきなりの変化に驚き、自信を失ってしまうと小学校に馴染めない“小1プロブレム”に陥ってしまうことも……。

3歳までに身につけた生活習慣や学習習慣は、その後の成長に大きく影響します。短い時間でも毎日学ぶ習慣をつくることで、複雑な言葉や数の概念を学び始める4歳以降の学習スピードを、ぐーんとアップさせましょう。

そこで今回は、小学校教諭としての経験を持つ筆者が“小1プロブレムを防ぐ幼児期の子どもの勉強習慣”についてお話します。

 

■小1プロブレムを防ぐには「勉強習慣」が大切

 小学校に入学したばかりの子どもが学校生活に馴染めず、授業中に座っていられずに歩き回ったり、集団行動ができないなどの問題を抱えてしまう“小1プロブレム”をご存知ですか? 

“人の話を聞く”、“机に座って指示を待つ”などの集団行動の心得は、幼稚園や家庭での教育で比較的身につけやすいスキル。ですが、「座っていないとダメ!」と分かっていても、授業の内容についていけず、勉強が楽しいと感じられなければ、我慢できずに動き出してしまいます。

いきなり、何時間も机に座って授業を受ける生活になるのですから、机に向かって学ぶ好奇心や理解力を育てておくことが大切。

特に、生活の基盤が完成する3歳ごろまでに、勉強の習慣をつくっておきましょう。

 

LINEで送る