毎日使うなら家族で一緒に!赤ちゃんのお肌にも使える「日焼け止め」とは

美意識の高い女性は2月頃からすでに紫外線が気になるところ……。それは最近出産をしたママだって、同じですよね。

むしろ、自分のことよりも赤ちゃんのお肌への影響の方が心配、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

とは言え、気温が上がってくると、子どもとたくさんお散歩や公園遊び、ハイキングなどお出かけも自然と増えてくるもの。紫外線対策をしたくても、「日焼け止めを子どもに塗っていいのか?迷ってしまう……」というママも多いかと思います。

そこで今回は、“お子様のデリケートな肌にも、ママにも一緒に使える日焼け止め”をご紹介します。

 

■赤ちゃんとママも一緒に使える「日焼け止め」

乾燥性敏感肌の方のことを考えた『Curel』(キュレル)のUVローションは、“紫外線吸収剤無配合・無香料・無着色・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)”で、デリケート肌の赤ちゃんのことを考えているので、ママと一緒に子どもにも使用できます。SPFが高いもの(SPF50+・PA+++)も、日常使いにぴったりなもの(SPF30・PA++)もどちらも揃っていて便利。

また、入浴などの際に、肌から失われがちな『セラミド』という成分が不足すると、肌のバリア機能が低下しやすく、乾燥して肌荒れしがちになるそうなのですが、『Curel』のUVローションは、“セラミドケア※1”もしてくれるから、潤って肌荒れしにくい肌に保ってくれるんです!

※1セラミドの働きを効果的に補い、潤いを与える

ママの美肌のためにもセラミドはとっても重要な成分なので、子どもにとってもママにとっても嬉しいですよね!

 

実際に生後5カ月の娘に使ってみたら、感動の使用感!

実は、筆者のわが子にとって初めての日焼け止めだったので、内心ドキドキ……。

よく振って手の平に出した瞬間から、さらさら感が分かりました。少量でもかなり伸びが良いため、全身に塗るのもとっても簡単!

これまで筆者が使用してきた日焼け止めは、よく白残りして、ベタベタした感じがずっと残ってしまうイメージがあったのですが、しっとりとしたやさしい使い心地なので、娘もとっても気持ち良さそうな顔をしてくれましたよ。

もっちもっちうるうるしてるけど、ベトつかない使用感で、思わずほっぺにすりすりしてしまいました!

ちなみに、日焼け止めをオフする時、落ちにくいな…と感じるときは、赤ちゃんの場合ボディウォッシュを化粧用コットンやタオルに含ませて、やさしくふき取るようになじませながら洗うと良いそうです。

『Curel』UVローションは、やさしい使い心地で、毎朝でも気兼ねなく安心して使えるので、紫外線を気にせず外出できるようになりますね!

 

いかがでしたか?

紫外線が気になりだす時期に塗る日焼け止めだから、肌に負担感なく使いたいですよね!

『Curel』のUVローションは、肌がデリケートな赤ちゃんのことを考えるママにとって、これからの季節は手放せない存在になりそうです。

今年は親子で一緒に日焼け対策をして、たくさんお出かけしちゃいましょう!

【参考】

※   赤ちゃんと一緒に使えるUVローションの詳細はコチラ

Sponsored by 花王株式会社

LINEで送る