子どもの質問どこまで答える?「質問攻め期」理想の対処方法とは

source:http://www.shutterstock.com/

子どもが言葉を話し始めると、嬉しい反面、ちょっと困るのが“質問攻め期”。簡単に答えてあげられる質問なら良いのですが、返答に悩んでしまうことも……。

しかも、そういう時に限って、子どもは「なんで?なんで?」と執拗に迫ってきたりするもので、困り果てて怒る必要はないのに「なんでもなの!」なんて返事してしまったりすることもあるのではないでしょうか。

ですが、子どもの質問攻め期には、しっかりと理由があります。その理由を両親が理解することで、対応方法のポイントがみえてくるでしょう。

そこで、今回は塾講師である筆者が、“子どもにとって質問とは何か、そしてどうやって向き合っていくべきか”をお伝えします。

 

■子どもの質問は「好奇心」の表れ

source:https://pixta.jp/
source:https://pixta.jp/

人生経験の少ない子どもは、知らないことばかり。ものの名前や意味など、ちょっとしたことでもしつこく大人を質問攻めにします。

これは“もっと世界を知りたい”という好奇心の表れです。疑問に思ったことを知ることで、レベルアップしていく実感を得ることができ、“もっと知りたい!もっと学びたい!”という学習意欲を高めることにもつながります。

その際のコツですが、ものの名前など、すぐに答えられることにはママが答えましょう。

言葉の意味などは一緒に考えたり、教えてあげた上で「じゃぁ、こっちはどんな意味だと思う?」と別の言葉の意味を考えさせたりするなどをして、知識の幅を広げてあげる意識をママが持ちましょう。

徐々に文字が読めるようになってきたら、自分で調べてみるように促すのも、学習能力を高めるコツです。

 

LINEで送る