ついイライラするのはNG!「遊び食べ期」を乗り切る秘訣とは

source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんの離乳食がスタートし、始めは、抱っこやバウンサーなどで食事をしていた赤ちゃんも、腰がすわり、動けるようになってきます。その頃になると、しっかり体を支えてあげられる“赤ちゃん用の椅子”が必要になってきます。

椅子に座るということは、歩き食べをしない、食事をするときは座っているという“しつけ”のためにも、できれば最初から習慣づけたいもの。

また、その時期になると、好奇心が強くなってきて、食事中にスプーンや食器を取ろうとしたり、食べ物をぐちゃっと手づかみしたがるようになるので、後片付けも大変になってきます。

そこで今回は、“食べさせ方のコツと、遊び食べ期に突入する離乳食中期以降にオススメのグッズ4つ”をご紹介します。

 

■離乳食の食べさせ方のコツ2つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

(1)食事は楽しくを心がける

離乳食は、栄養を摂るというよりも、食事は楽しいということを知ることが大切です。そのため、食べないからと怒ってしまうのはNG。

ママの焦りは必ず赤ちゃんに伝わるので、赤ちゃんにとって大きなストレスになります。まだメインの栄養は母乳やミルクで摂っているので無理に食べなくても大丈夫なはずです。

可能であれば、ママも同じ目線で一緒に食事をしましょう。ママがおいしそうに食べていたら、赤ちゃんも食に対して興味が芽生えるかもしれません。

(2)ママがイライラしない工夫を

だんだんと離乳食の後片付けも大変になってきます。床にボロボロたくさんの食べ物がこぼれることも増えてきます。

汚されるとついイライラしてしまいがちですが、足元やまわりにレジャーシートなどを敷くことで後片付けが楽になりますよ!

筆者はゴミ袋を敷いて、食後はそのまま捨てていました。新聞紙などそのまま捨てられるものを使うとさらに便利です。

ボロボロとこぼすのは今だけですので、頑張って乗り越えましょう。

 

LINEで送る